Next Prev

CT第7戦「コロナオープンメキシコ」

BeachCulture 2021/08/23

8月10日から8月14日まで開催されたCT第7戦「Corona Open Mexico presented by Quiksilver」が幕を閉じた。

パーフェクトなライトのポイントブレイクで有名なオアハカ州のバラ・デ・ラ・クルスで開催され、オーストラリアのジャック・ロビンソンとステファニー・ギルモアが優勝を果たした。

メンズでは、ジェイミー・オブライエン、ジョン・ジョン・フローレンス、ケリー・スレーターなどパイプラインのスペシャリストが過去に優勝している「Volcom Pipe Pro」で6人目のトロフィーを獲得したCTルーキーのジャック・ロビンソンがセミファイナルでマテウス・ハーディ、ファイナルでデイビッド・シルバを倒し、CTイベント初優勝を果たした。

この投稿をInstagramで見る

World Surf League(@wsl)がシェアした投稿

ウィメンズでは、7度のワールドチャンピオンに輝いているステファニー・ギルモアがクオーターファイナルでタティアナ・ウェストン・ウェブ、セミファイナルでオリンピック金メダルを獲得し、4度のワールドチャンピオンに輝いたカリッサ・ムーアなど世界の強豪を次々と倒し、32回目のCT優勝を果たした。

この投稿をInstagramで見る

World Surf League(@wsl)がシェアした投稿

イベントの全体の映像は下記からご覧いただけます。

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend