Next Prev

ジェレミー・フローレス現役引退!?

BeachCulture 2021/08/20

@WSL
レユニオン島出身、ベテランCTサーファーであり、ヨーロッパ1とも言える実力の持ち主ェレミー・フローレス。

8歳の頃にフランスで開催されたクイックシルバーのプロジュニアイベントでの優勝し、優勝したことで、クイックシルバーがスポンサーとなり、ケリー・スレーターから注目されるとジュリアン・ウィルソン、デーン・レイノルズ、クレイ・マルゾなどと「Young Guns」のメンバーとして活動した。

当時メンズの史上最年少記録である18歳でCT入りを決め、ツアー初年度は8位でルーキーオブザイヤーを獲得と若くして才能を発揮。
そこからCTで15年間活躍、東京オリンピックサーフィン競技にもフランス代表として出場した。

そんなジェレミー・フローレスがCT第7戦「Corona Open Mexico presented by Quiksilver」の開幕直前にCT引退を発表した。

この投稿をInstagramで見る

Jeremy Flores(@floresjeremy)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Jeremy Flores(@floresjeremy)がシェアした投稿

現在33歳のジェレミー・フローレスはパートナーと娘と一緒にタヒチで暮らし、コンテストシーンから退いたら家族との時間も増え、また新たな幸せな生活を送るでしょう。

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend