Next Prev

マヤ・ガベイラの自宅紹介

BeachCulture 2021/06/11

女性ビッグウェイブサーファーの顔ともなっているブラジル出身のマヤ・ガベイラ。

2018年にポルトガルのナザレで68ftの波に乗り、ギネス世界新記録を達成し、2020年に開催された「Nazare Tow Surfing Challenge」では同部門のメンズで優勝したカイ・レニーの記録を上回る大記録を叩き出し、ウィメンズサーファーのレベルの高さを証明した。

この投稿をInstagramで見る

Maya Gabeira(@maya)がシェアした投稿

過去には「WSL BIG WAVE AWARDS」で5度表彰され、女性ビッグウェイブサーファーとして最も成功を収めたと言われ、ルックスもいいことから多くのスポンサーが集まり、ビッグウェイブサーファーとしてトップに立っています。

そんなマヤはリオデジャネイロ州出身でありながら、現在はポルトガルに住んでいる。
ブラジル人にとって母国語はポルトガルなので言葉も通じ、暮らしているところはナザレであるため、世界最大のビッグウェーブが訪れ、マヤがギネス世界記録を更新した地域でもあります。

ワールドチャンピオンに何度も輝いているグラントツイギーベイカーなどがマヤのことをリスペクトしており、まだタイトルを獲得したことがなかった頃から当時のワールドチャンピオンよりも収入はあったとも言われている。

今回はそんなマヤのポルトガルの自宅を紹介する映像をご紹介します。

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

Local Green Festival’21開催決定!!

BeachCulture 2021/06/08

来場前にご覧ください。新型コロナウイルス感染対策について

BeachCulture 2021/05/22