Next Prev

CT第2戦「Rip Curl Newcastle Cup presented by Corona」

BeachCulture 2021/04/15

Photo: WSL / Dunbar
2021年4月10日にニューサウスウェールズ州ニューカッスルで行われたCT第2戦「Rip Curl Newcastle Cup presented by Corona」が幕を閉じた。

今回行われたニューキャッスル「ミアウェザービーチ」でのCT開催は30年ぶりということもあって多くの観客が集まり、ベストコンディションとなった最終日は選手たちのハイパフォーマンスが多く見られた。

メンズ、QFでは元CT選手のジェイ・トンプソンをコーチとし、R3でジョン・ジョン・フローレンスを倒し、SFまで勝ち上がったルーキーのモーガン・シビリックとR4でオリンピックオーストラリア代表のオーウェン・ライトを倒したライアン・カリナンのローカル対決となり、会場を盛大に盛り上げた。

ファイナルではWSLチャンピオンのイタロ・フェレイラと2度のWSLチャンピオンであるガブリエル・メディーナのブラジル対決をイタロが制し、見事優勝。
ガブリエルはCTイベントで過去3戦連続でファイナル進出を果たしているが、3戦ともに準優勝という結果になっている。

この投稿をInstagramで見る

Italo Ferreira(@italoferreira)がシェアした投稿

ウィメンズでは開幕戦で優勝したタイラー・ライト、レイキー・ピーターソン、ステファニー・ギルモアなど世界トップクラスの選手たちが早いラウンドで敗退。

4度のWSLチャンピオンであるカリッサ・ムーアは、QFでエアリバースを披露し、SFでのイベントトップとなる17.74点を出すなど勢いあるまま、ファイナルに進出。

ファイナルでは、CTルーキーのイザベラ・ニコルズと対決し、圧倒的な強さを見せCT通算24回目の優勝となった。

この投稿をInstagramで見る

Carissa Moore(@rissmoore10)がシェアした投稿

次はニューサウスウェールズ州のノースナラビーンで行われる「リップカール ノースナラビーン クラシック」が4月16日〜26日にかけて開催される。

T第2戦「Rip Curl Newcastle Cup presented by Corona」の結果は下記の通り。

・メンズ

1位 イタロ・フェレイラ(BRA)
2位 ガブリエル・メディナ(BRA)
3位 モーガン・シビリック(AUS)、フィリッペ・トレド(BRA)

・ウィメンズ

1位 カリッサ・ムーア(HAW)
2位 イザベラ・ニコルス(AUS)
3位 キーリー・アンドリュー(AUS)、キャロライン・マークス(USA)

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

Local Green Festival’21開催決定!!

BeachCulture 2021/06/08

来場前にご覧ください。新型コロナウイルス感染対策について

BeachCulture 2021/05/22