Next Prev

カリッサ・ムーア、シグネチャームーブ!?

BeachCulture 2021/04/06

1992年ハワイ州ホノルル出身、11歳の時には史上最年少でハワイ・ノースショアで伝統を誇るトリプルクラウン・オブ・サーフィンに初参戦し、その後、NSSA(全米アマチュアサーフィン連盟)の大会では11回も優勝。

また2009シーズン、当時17歳のカリッサはWSL第7戦「ギジット・プロ・サンセット・ビーチ」でトライアルから勝ち上がり、そのままの勢いで優勝をするという快挙を成し遂げ、そこからCTでも勢いは止まらず、4度のワールドチャンピオンに輝いている。

この投稿をInstagramで見る

Carissa Moore(@rissmoore10)がシェアした投稿

そんなカリッサの武器であるのが、シグネチャームーブ。
シグネチャームーブがあるからこそ、カリッサの強さ、コンテストで活躍できているとも言われているほど、最大の武器となっている。

カリッサのシグネチャームーブは、「Layback Jam」という波の上でのターンであり、一般的なターンはリップやリッピング、カービングというものでレイバックジャムはカービングほどレールを入れ込めないターン。

今回はシグネチャームーブ「Layback Jam」をフィーチャリングした映像をお届けします。

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

最終出演アーティスト発表!

BeachCulture 2021/04/21