Next Prev

CT経験もある17歳のジェット・シリングのフリーサーフィン映像

BeachCulture 2021/03/13

南カリフォルニアのサンクレメンテをホームとして活動し、17歳にして既にCT経験もあるVANS契約ライダーのジェット・シリング。

この投稿をInstagramで見る

Jett Schilling(@jettschilling)がシェアした投稿

2019年当時16歳でサーフランチが会場となるCT第8戦「フレッシュウォータープロ」で初出場。まだジュニア世代ですが2019年にはQSイベントに9戦も出場などと数々のイベントで経験を積んでいるサーファーです。

「フレッシュウォータープロ」はプールで開催される唯一のWSLイベントであり、オリンピックのスノーボードハーフパイプのように一人ずつ波に乗り、スコアで勝負するというサーフィンでは珍しいルールで行われました。

サンクレメンテといえばサーフ業界の中心地とも言えるほどサーフィンが盛んな地であり、CTサーファーではコロヘ・アンディーノとグリフィン・コラピントが参戦している。

そして今回2020-2021年シーズンのオアフ島ノースショアでのジェット・シリングによるフリーサーフィン映像をご紹介します。

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

世界一のロングライドを求めて

BeachCulture 2021/03/24