Next Prev

天才若手ウイメンズサーファー!?

BeachCulture 2021/02/22

エアリアルサーファーとして世界中で有名なジョシュ・カーの娘であり、ガールズでは数少ないサーフスケーターガールでエアリアルサーファーとして注目を浴びているシエラ・カー。

そして今回話題になったのが、13歳になったシエラ・カーによるインドネシアのメンタワイ諸島やバリ島でのフリーサーフィン映像。

この投稿をInstagramで見る

Sierra Kerr(@sierrakerr)がシェアした投稿

父であるカージーこと、ジョシュ・カーはエアリアルの天才として幼い時から何度もエアショーで優勝し、後にCTサーファーへと駆け上がっていった。
コンテストシーンへとエアリアルを引き上げていった存在であり、CT引退後は、自らレッドブル・エアボーンのディレクターを務め、指揮官となっている。

ディレクターになる前には、なんと2004年日本の鴨川マルキで開催されたクイックシルバー・エアーショーでパーフェクトライド10ptを含む、ライディングを披露し、優勝している。

父を追いかけるように2019年6月にテキサス州ウェーコに位置するウェイブプール「BSRサーフリゾート」で開催されたエアショー「Stab High」にてレディバード部門で見事優勝し、今回の映像を見てみると身体も成長し、全体的にパワーアップしており、とても13歳とは思えない程のレベルにまで成長している。

ウェメンズ界全体を通して見てもこれほどのスキルを持つ、ウイメンズサーファーは今のところ見たことありませんね。

今後、更なる成長が楽しみですね。

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

「The Hold Down」エピソード1 ミック・ファニング。

BeachCulture 2021/02/28

GREENROOM FESTIVAL’21開催決定!!

BeachCulture 2021/02/26

海洋プラスチックゴミと環境問題

BeachCulture 2021/02/19

ガブリエル・メディナが結婚を発表!

BeachCulture 2021/02/13