Next Prev

コナー・オレアリー最新映像!

BeachCulture 2021/01/31

1993年、日本人の母とオーストラリア人の父の間に生まれ、日豪ハーフのCTサーファーであるコナー・オレアリー。

2015年WQSランクは15位で、惜しくもCT入りを逃してしまいましたが、2016年メンズWQSイベント、南アフリカで開催された「Ballito Pro」QS10,000で当時22歳のコナーが優勝し、その勢いでQSチャンピオンとなり、2017年シーズンから見事CT入りを果たした。

この投稿をInstagramで見る

Connor Oleary(@connoroleary)がシェアした投稿

ルーキーイヤーはCTランク13位で翌年2018年シーズンでは26位となってしまい、QS落ちになってしまいましたが、1年で即座にCT入りを決め、今シーズン初戦となった「Billabong Pipe Masters」では優勝したジョンジョン・フローレンスに敗退して17位。

CTとQSでは波のクオリティも大きく違うと言われており、その中でわずか1年でCT復帰という結果を残したのはそれ程の実力の持ち主であるということ。

そして今回CTツアー3年目のコナーの最新フリーサーフィン映像がStabから公開されたのでお届けします。

五十嵐カノアのように日本育ちではないけれど、日本の血が入ったサーファーである為親近感がありますね。
今後の活躍からも目が離せません。

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

「The Hold Down」エピソード1 ミック・ファニング。

BeachCulture 2021/02/28

GREENROOM FESTIVAL’21開催決定!!

BeachCulture 2021/02/26

海洋プラスチックゴミと環境問題

BeachCulture 2021/02/19

ガブリエル・メディナが結婚を発表!

BeachCulture 2021/02/13