Next Prev

ブレット・シンプソン自宅紹介!?

BeachCulture 2020/11/12

ハンティントンビーチをホームとし、2015年シーズンまではWCTサーファーとして活動していたブレット・シンプソン。

2009年と2010年の二年連続でのUSオープン優勝という輝かしい成績を残し、2011年のCTランクでは最高位の19位。
そんな彼がアメリカ代表選手全員の一致で東京オリンピックに出場する史上初のアメリカ代表チームのヘッドコーチに就任した。

CTイベントではあまり満足のいく結果は出せなかったが、当時のUSオープンは優勝賞金がCTイベントの優勝以上の賞金で更に2年連続優勝した為、大きな注目を浴びた。

現役引退後、一般サーファーへのコーチングを行い、コーチとして徐々にキャリアアップしていったシンプソンは遂に東京オリンピックアメリカ代表のヘッドコーチまで昇り詰めた。

そして今回ご紹介するのはWSLによるブレット・シンプソンの自宅紹介映像です。
家族と有意義に過ごす時間などもご覧いただける為とても穏やかな気持ちになれるかと思います。

この投稿をInstagramで見る

Happy 7th Bday to our beautiful Princess 👸🏽 The time is flying but loving every minute! You are special 🙏 #paigelynn

Brett Simpson(@brettsimpson)がシェアした投稿 –

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend