Next Prev

イズキール・ラウが紹介するボードミーティング

BeachCulture 2020/10/16

ハワイ出身の元CTサーファー、イズキール・ラウ。
ジークという呼び名でも親しまれている。

2018年ハワイオアフ島で開催されたQS最終戦「Vans World Cup of Surfing」でイズキールにとって2度目の優勝。
2017-2019シーズンはCTツアーに参戦していましたが、2019シーズンではCTランク28位、QSランク17位でCTツアー残留を果すことができなかった。

そんなイズキールが先月Vlogをスタートした。
メイソン・ホー、ネイザン・フローレンスなども最近ではVlogを始め、イズキールは他のハワイアンサーファーとは違い、サウスショアをホームとするサーファー。

今回の企画はボードミーティング。
プロサーファーは一般サーファーとは違い、何本ものサーフボードを乗り換える為、まとめて手に入れる。

この投稿をInstagramで見る

Board Meeting!! Talking about 7 of my favorite surfboards on the vlog today including the “money maker” that kept me on tour, my favorite Pipe board, the first board I ever shaped, and more. Check it out at the link in my bio, like, comment & subscribe! Happy Aloha Friday!! 🤙🏽 Film/Edit by @mattkuji #ZekeLauUnleashed #BoardMeeting

Ezekiel Lau(@zekelau)がシェアした投稿 –

ジークをスポンサードしているチャネルアイランズは「FJB」と「HAPPY」といったモデルが人気で、一番目立つ長さ的にはロングボードと同じ板。
サンセットビーチでのコンテスト以外では全く乗らないという6’9の「FJB」モデル。パイプラインで使用するボードよりも3インチ長いもの。

サンセットで開催されたトリプルクラウン第2戦のワールドカップで、CT入りを決めた2016年は7位、ツアー残留を決めた2018年は優勝と結果残した為、ジークはこのモデルのことを「Money Maker」と呼んでいる。

これらを紹介しているYoutubeを是非ご覧ください!

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend