Next Prev

ソリ・ベイリー × モーガン・マッセン

BeachCulture 2020/08/21

サーフフィルマーで今、最も注目されているモーガン・マッセン。

モーガンはカリフォルニア州サンタバーバラ出身で16歳の時、怪我でサーフィンが出来なくなり、友人のサーフィンを撮影して編集しショートムービーを作ったのがきっかけでフィルマーへの道を歩み出す。

モーガンの写真はMacのデスクトップの壁紙に使用されるほどのもので、サーファーや美しい自然の写真などもあり、誰が見ても素敵だと思う写真たちばかりです。

この投稿をInstagramで見る

last light at the pass with @josie_prendergast, 3/3.

Morgan Maassen(@morganmaassen)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

Photography has always been a tool for me to gather snippets of color, texture, motion, and curiosities as I travel the world. These photos, motion blurs of seascapes and the horizon line, have always acted as a way for me to capture color palettes that have captivated me, often times when no subject matter could better transcribe it. Postcards, of sorts…

Morgan Maassen(@morganmaassen)がシェアした投稿 –

これまでに美人プロロングボーダーのビクトリア・ベルガラやトッププロサーファーのジョーディ・スミスなどをフィーチャーした映像をお届けしてきましたが、今回は元CT(チャンピオンシップツアー)のソリ・ベイリーとの映像をお届けします。

そんなソリは、CTサーファーでオーストラリア先住民であるアボリジニの血を引くサーファーとして初のツアー入りという記録を持っています。

2018年にQSランク11位となり、2019年シーズンにCT入りしたが、CTランク30位で終わりクオリファイを果たせなかった。
ジュニア時代から注目を多く集め、この映像を見ると世界トップレベルのライディングだが、このレベルでもCTクオリファイを果たせなかったとなると驚きますね。

ソリのホームであるバイロンベイの近くやモーガンと昨年訪れたインドネシアで撮影された映像が主に使われている。

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

元ワールドチャンピオンが来シーズンでの引退を発表!

BeachCulture 2020/09/20

オーストラリアで開催された「Tweed Coast Pro」

BeachCulture 2020/09/19