Next Prev

「DIGITAL SURF, DIGITAL WORLD」

BeachCulture 2020/08/15

グダスカス三兄弟の三男であるタナーが6年間かけて取り組んできた映像「DIGITAL SURF, DIGITAL WORLD」が遂に公開された。

グダスカス三兄弟といえば2016年にサーフボードプロジェクトを実施し、ジャマイカに約200本のサーフボードを寄付している。

また2018年に地元のカリフォルニア州のサーフショップやサーファーにサーフボードの寄付を呼びかけ、集まったサーフボードの数はなんと約700本。

これらのサーフボードは全て南アフリカ、ケープタウンの非営利団体である「Positive Vibe Warriors」を経由してサーフィンでストリートチルドレンを支援する「Surfers Not Street Children」とサーフィンを通じた心理療法を提供している「Waves For Change」の2団体に寄付された。

今回はそんなグダスカス三兄弟の三男であるタナーが6年間かけて取り組んできた映像をご覧ください。

カメラマンのアレックス・キラウアーノがコロナウイルス前の旅で撮影したものをまとめて作ったものであり、最初は公開しない方向性であったが、コロナウイルスの影響で計画が変更された。

この映像はほとんどフィルムカメラで撮影され、90年代のような映像に仕上がっていて、「どんなにデジタルなものになっても、サーフィンのフィーリングが失われないことを願っている」とコメントを残している。

Starring
Tanner Gudauskas
Patrick Gudauskas
Dane Gudauskas
Dylan Graves
Tom Lowe
Gony Zubizarreta
Marlon Lipke

Filmed & Edited by Alex Kilauano

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

元ワールドチャンピオンが来シーズンでの引退を発表!

BeachCulture 2020/09/20

オーストラリアで開催された「Tweed Coast Pro」

BeachCulture 2020/09/19