Next Prev

五十嵐カノアが複数のエアを披露!!

BeachCulture 2020/07/31

日本人の両親の元、アメリカ・カリフォルニア州生まれの五十嵐カノア。

3歳の時にハンティントンビーチでサーフィンを始め、幼少期から数々のローカルコンテストで優勝し、最年少9歳でUSAチームに入る。

この投稿をInstagramで見る

A shot from the new Redbull Bulletin, such an honor to have a 12 page story in the latest issue 🙏🏼 life is good ✌🏽 @Quiksilver

Kanoa Igarashi(@kanoaigarashi)がシェアした投稿 –

2010年なんと12歳で全米タイトルを獲得し、翌年現在のメインスポンサーである『Quiksilver』と契約してプロジュニアからスタート。
2016年から4年連続でCT(チャンピオンシップツアー)に出場し、4年目の2019年CT第3戦「Corona Bali Protected」で日本人初のCT優勝を飾る。
そして来年開催される東京オリンピックでは日本代表として出場する。

そんなカノアがスペインにあるウェイブガーデンのR&Dセンターでエアセクションをテスト。
エアリバース、スーパーマン、アーリーウープのなどと複数のエアを披露。
創設者であるホセマ・オドリゾラと話し合いながら、新しい波をポルトガルで開発しているそうです。

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

トニー・アルバ「The Tony Alva Story」

BeachCulture 2020/09/28

元ワールドチャンピオンが来シーズンでの引退を発表!

BeachCulture 2020/09/20

オーストラリアで開催された「Tweed Coast Pro」

BeachCulture 2020/09/19