Next Prev

海の近くに住むメリットとデメリット

BeachCulture 2020/07/03

どんな場所に住んでみたいですか?
自然いっぱいの場所や便利な都心近く、色々な候補があるが、その中でも治安や職場からの通勤などの交通の便などの良さを考え、自分に合うところに住みたいですよね。

今回はその中でも海の近くにフォーカスを当ててそのメリットやデメリットを紹介します。

海の近くとなると有名な住宅地として湘南や千葉の南房総などが挙げられる。
特に湘南は観光地としても近年人気が出ていて、多くの魅力を持っている。

海の近くに住むメリットとして1番は、すぐに海に行けること。
朝日や夕日、毎日変わっていく美しい景色を眺めることができるし、サーフィンやサップなどのマリンスポーツも荷物や着替えなどの面倒も少なく気軽にいつでもできる。
また、新鮮な魚介を食べることができるお店が多いので美味しいご飯を食べることもでき、海の近くの街は、地域活動なども盛んなので、地域の人達と密接に関われることもメリットのひとつ。
中でも、茅ヶ崎や葉山などはローカルなお店も多くそこに惹かれる人も多いはず。

海が近い湘南地域は品川などの都心まで電車で1時間もかからずに行けるという点も人気の一つでしょう。

次はデメリットについて紹介します。

まずは自然災害で受ける被害が多いということ。
2011年の東日本大震災では海側の地域が津波の被害を大きく受けたため、海の近くに住むことを懸念する人も多い。
そして地震だけではなく、潮風による塩害を日常的に受けることも多くある。
これにより自転車や車などが錆びやすくなるというデメリットがある。
さらに、内地よりも風が強く湿度も高いため洗濯物が乾きにくいという支障もある。

海の近くに住むということは美しい景色や伸び伸びとした生活を手に入れられるという魅力もあるがその反面で、災害など海ならではのデメリットもありますね…

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止ついて

BeachCulture 2020/08/01

第2弾ART AREA出展アーティスト発表

MUSIC & ART 2020/07/27