Next Prev

コナー・コフィンが移籍!?

BeachCulture 2020/07/01

今年シーズンを除き、CT(チャンピオンシップツアー)に4年間出場しているカリフォルニア出身のコナー・コフィン。

2015年、WQS最終イベントとなるオアフ島ノースショアのサンセットで開催されたトリプルクラウンのワールドカップにて、5位という成績を納め、大逆転でWCT入りを決めた。

そして翌年ルーキーとして迎えたシーズン、コナーはCTランキング17位で終わり、ランキング16位で終わったカイオ・イベリにルーキー・オブ・ザ・イヤーを奪われたものの、堂々とルーキーイヤーを戦い終えた。

そんなコナーが長年使用していたチャネルアイランズと契約解消し、新たに「JS Industries」と契約した。

この投稿をInstagramで見る

Want to say an enormous thank you to @cisurfboards for supporting me over the last 16 years. I was fortunate to get my first CI around age 10 through @baresco and then worked my way up to a childhood dream of Al shaping my boards for around 2 years. His ability to transform feedback into board design to help me grow as a surfer was amazing. I clearly remember a few boards that took my surfing to new levels within a few sessions. Then I got to work with @mike_andrews3 who was all time and we gave birth to the Fred rubble and Fred stubble, A board that was borderline life changing for me. Then I had the privelage of working with a long time friend and brother in @mike_walter . As a relatively new shaper mike was fired up and had a nack for the “al rail” that I was looking for since he left. We had a blast working together which led to qualifying for the tour and a year at 7th on the CT. I can’t thank everyone at CI enough from Britt and his family, @scott_aka_ando all the way to @bcword who has worked for the company packing boards and ordering my boards for years. @seanlesh @nathaniel_curran The list goes on and you guys know who you are. It’s been a real pleasure and although it was a hard decision due to so many friendships, I’m very excited for the next chapter in craft.

Conner Coffin(@connercoffin)がシェアした投稿 –

オーストラリアを代表するトップシェイパーであるJS(ジェーソン・スティーブンソンが手掛け、オーストラリアではかなり人気にあるサーフボードブランドです。
ワールドチャンピオンのジョエル・パーキンソンやジュリアンウィルソンらの世界トップレベルのプロサーファーが愛用しているJS Industries。

今回のこの移籍をきっかけにコナーのサーフィンが更にレベルアップしていくのが楽しみですね。
今後のコナーにも追っていきたいと思います。

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

美しすぎるナイトサーフィン映像

BeachCulture 2020/06/18