Next Prev

世界最高峰のスキムボーダー

BeachCulture 2020/06/02

スキムボード(スキムボーディング)とはビーチから波打ち際で行うマリンスポーツの一種です。
ビーチから波に向かって走り込み、波が割れる前にタイミング良く板に乗り、ターンしてビーチに戻ってくる。
スプレーを高く飛ばしたり、チューブやエアーなど多彩な技も決めることができる。

サーフィンとは似ているようだが、少し違う。
まず、スキムボードにはフィンがありません!
フィンがない反面、小回りがききやすく技を決めやすくなります。また、泳力に自信がない人でも沖まで出る事がないので気軽に始めることができる。そして大きな違いは、なんと言っても波に乗る場所が違うこと。サーフィンはビーチでも下がサンゴ礁や岩場でも出来ますがスキムボードは砂浜限定のスポーツ。

今回は世界で活躍するスキムボーダーをご紹介します。

・オースティン・キーン(AUSTIN KEEN)
金髪ドレッドヘアーがトレードマークのオースティン。
2013年に開催されたスキムボード世界選手権ツアー優勝。また2016年ラグナ・ビーチにて開かれたスキムボード世界選手権優勝。「本物のカリスマ」と称され、波乗りの天才、人を魅了して止まないオースティンのライディングはダイナミックさとアイディア豊富なアクションが特徴。
テレビ番組「The Ellen Show」に出演し、自身の映像でも課題になり、注目される選手となった。

・ブラッド・ドンキー(Brad Domke)
スキムボード史上最大の波に乗りスキムボーダーではあるが、ビッグウェーブアワードで5位に選ばれたことで一躍有名になった。フィンのないスキムボードの特性を生かし、スピンしたり飛んだりとコントロールしてサーフィンのようにビッグウェーブを乗りこなすスキムボーダー。

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

美しすぎるナイトサーフィン映像

BeachCulture 2020/06/18