Next Prev

自分だけの個性を追求し生み出された唯一の立体アート by hi-dutch

MUSIC & ART 2020/01/19

GREENROOM FESTIVALに初期から参加、GREENROOM GALLERY Hawaii店でもオープン当初から展示販売され、今では多くの企業とのコラボやクライアントワークなどで世界中にファンを持つhi-dutch。
その名をポピュラーなものとし、人気作の一つとも言える立体アート「Smileシリーズ」が、GREENROOM GALLERY Kamakuraに大集合しました。

サーフボードのリペア技術と視覚表現を合わせた独自な手法で作られたオリジナリティ溢れる作品は、初めて見る者の心を惹き付け、美しいカーブに思わず触れたくなりますよね。
一見シンプルに映りますが、木材にアウトラインを引きカットし、ヤスリでこすることにより丸みをつけたベースを作り、塗装し糊を塗った上にカラフルな毛糸を線画のように敷き詰め、樹脂でコーティングし研磨して仕上げるという、とてもとても繊細な行程で制作されているのです。

樹脂という素材はクールなイメージですが、アーティストの優しく暖かいキャラクターがそのまま反映され、どの作品もハートフルに感じるのではないでしょうか。
作者Takahiro Hidaさんは、友達から「ひだっち」と呼ばれていたので、hi-dutchというブランドネームが生まれたそう。

裏面にはタイトル、制作年度、サインが直筆で書かれ、焼き印が押されています。

サーフィンや自然など日々の暮らしからインスパイアされたコンセプトを元に数々のアートを紡ぎ出し、最近では実際にビーチで拾ったプラスティックごみを再利用したシリーズで脚光を浴びました。

こちらはGREENROOM FESTIVAL ’19で展示され2日間で完売となった作品たち。
鎌倉の海岸に流れ着いたクジラの胃の中からビニールが発見された悲しいニュースも記憶に新しいですが、声高に環境問題を訴えるのではなく、hi-dutchのようにアートに昇華させることで、より私たちの心にずっしりと響くのではないでしょうか。

ここ数年は、アメリカやオーストラリア、アジアでのグループショーや子供達の為のイベントなどにも積極的に参加し、海外アーティストとのネットワークも広がり世界的に認知度が高まっています。

2013年5月3日 “Hi-Shine” @GREENROOM GALLERY Hawaii

見るたびに技術力と感性のアップに驚かされ、ますます進化し続けるhi-dutchの表現には、これからも目が離せません。

画像では伝わりにくい質感とデリケートな色合いを是非GREENROOM GALLERY Kamakuraでご覧ください。
入手困難な人気作をゲットできる最後のチャンスかもしれませんよ。

GREENROOM GALLERY Kamakura

〒2480016
神奈川県鎌倉市長谷1-15-3

TEL/FAX 0467-33-5026
営業時間 10:00~18:00

江ノ電「長谷駅」より徒歩5分

Mail:kamakura@greenroom.jp
Webstore: https://greenroomgallery.com/

instagram: @greenroomgallery

Facebook: @Greenroomgalleryjapan

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

美しすぎるナイトサーフィン映像

BeachCulture 2020/06/18