Next Prev

簡単のようで意外と難しい!?滑りにくいワックスを塗る方法。

BeachCulture 2019/12/24

サーフィンを行う上で必要不可欠な道具なワックス。

スキーやスノーボードのワックスと言えば滑走面をより滑りやすくする為に塗りますが、
サーフィンでいうワックスは、ボードから足を滑らせない為に使用します。

ボードをコントロールする際に無くてはならないワックスは、
ただがむしゃらに塗れば良い訳ではなく、しっかりとグリップを作ることが大切です。

ワックスは人によって様々な塗り方がありますが、
今回は簡単そうで意外と難しい、滑りにくいグリップを作るワックスの塗り方をご紹介します。

1. ワックスを塗る前に、前足がボードのどこの部分に立っているか確認をします。大体の目安を付け、ワックスを塗っていきます。

2. ベースコートを使って下地を作ります。
まずは、ベースコートで斜めにラインを引いていきます。そして、引いた斜め線とは逆方向に斜め線を引きクロスさせるように線を引いていきます。

3. クロス線の上を円を描くように塗る。
クロス線を引くことによって、線と線が交わる部分に小さな層が生まれ、その部分に凹凸ができグリップの下地となるのです。 クロス線を作ったら、ベースコートを全体的に円を描くように塗っていきます。

4. トップコートを塗る。
ある程度下地ができたらトップコートを塗っていきます。
トップコートを塗る際のポイントは、力を入れすぎない事です。
力を入れて塗ってしまうと、下地の凹凸が潰れてしまうので程良い力加減で時間をかけ塗っていきましょう。

以上、簡単そうで意外と難しい、滑りにくいグリップを作るワックスの塗り方をご紹介しました。
サーフィンをする回数と比例するようにワックスは塗り重なっていくので、最初のワックス塗りはとても大切な作業だと思います。

ワックスは季節によって分かれているので、季節と海水温に合ったワックスを使用しましょう。
もし、どのワックスを使用すればわからない場合は、お近くのサーフショップに訪れば店員さんが優しく教えてくれると思います。

前途にもありましたが、ワックスの塗り方は人によって様々なので、今回ご紹介した方法はあくまでもご参考までに。

Let’s enjoy your surfing life!!!

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止ついて

BeachCulture 2020/08/01

第2弾ART AREA出展アーティスト発表

MUSIC & ART 2020/07/27