Next Prev

使っていないボードで現金ゲット!?旅先にサーフボードは不要!?

BeachCulture 2019/12/07

これまでは海外にサーフトリップに行くさい、旅行用の荷物とは別に大きなサーフボードを持ち15000~25000円程度のボードチャージを払う必要があった。
荷物も大変だし、なるべく無駄なお金は使いたくないもの。。

そんな悩みを解消してくれ、更には自宅に眠っているサーフボードを貸して現金化できる画期的なサービスを発見した!
近年増えてきている、個人所有の車を個人間でレンタルする「エニカ」などのサービスのサーフボード版のようなものだ。
オンラインサーフボードレンタルアプリ「The Quiver(ザ・クイヴァー)」

レンタルまでの流れも至ってシンプルで、利用先周辺でボードを自分が借りたいボードを選択し、個人間でメッセージのやり取りで細かい詳細のやり取りをし、
互いに条件が合えば、そのまま支払いをサービス上で済ませて、あとは受け取るのみ。

貸手として利用したい人は、
ユーザー登録をし、貸したいボードを登録、実際に取引が成立したら、取引金額の10%とPaypal料金として2.9%前後を支払うこととなります。

レンタルボードは、幅広くショートからフィッシュやレトロボード、ロングボードも数多く取り扱っているので是非チェックしてみてください。

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止ついて

BeachCulture 2020/08/01

第2弾ART AREA出展アーティスト発表

MUSIC & ART 2020/07/27