Next Prev

カリフォルニアの旅で出逢った素敵なコーヒーショップ

BeachCulture 2019/11/03

今回カリフォルニアの旅で拠点として宿をとったのは「The O.C.」の舞台になったことでも有名なニューポートビーチ。
ロサンゼルスに用事もあり、朝はサーフィンがしたいという要望もあり、ニューポートビーチを選んだ。

街があるロサンゼルスまでは1時間、サーフポイントのハンティントンビーチへは15分程度。
中・上級者が集まるトラッセルズまでは45分程度。
トラッセルズは、北からコットン、アッパーズ、ローワーズ、ミドルス、チャーチという5つのポイントが点在する。
アクセス面を考えるとメジャーなのは、アッパーズと、ローワーズの2つ。
アッパーズは少し波は落ちるが、海底はサンドであちこちでブレイクするため、サーファーが密集する心配はない。
一方、ローワーズの海底は玉石でポイントブレイクのため、サーファーがピークに密集してしまう。
スウェルに一番敏感に反応するポイントのため、比較てき波は大きくパワーも格段にありピークからインサイドまでしっかり張った波がブレイクする。
したがってCTやQSで活躍しているサーファーなどもサーフィンをしていることが多い。
個人的には、上級者でないと良い波を取れないのが印象的。

サーフポイントの紹介はこの辺にして、
今回ご紹介したかったのは、コーヒー好きな方は経験あるかも知れないが、旅行中に美味しいコーヒー屋さんを見つけるのに苦労したことはないだろうか。
朝、食後など、ドライブ中、いろんなシュチュエーションでコーヒーを飲みたくなる。
アメリカ圏でよく経験するのが、フラッと入ったお店でエスプレッソや、ラテを頼んでも、シャバシャバで味も薄いということが多々あり、せっかくコーヒーを買っても残念な思いをしたことがある人は少なくないはず。

そこで地元民に聞いた、美味しい。は大前提で、おしゃれ、さらにはまだ観光客にはあまり知られていない穴場的スポットのコーヒーショップ。を紹介してもらった。

『DAYDREAM』
サーフ、アパレル雑貨も取り扱う、隠れ家的な穴場コーヒーショップ。
通りからは、ただの駐車場にしか見えないのだが、駐車場の入り口を入ると、コンテナが並んでおり、その一角に『DAYDREAM』はあった。

店内は手前にコーヒーが売られているカウンターがあり、左右端にはアパレル雑貨。店内一番奥に進むと、サーフギアがずらりと並んでおり店内もとてもおしゃれな空間。

こだわり抜いて焙煎された豆で提供されるコーヒーは、これまでカリフォルニアで飲んできたコーヒーの中で一番美味しかったと言っても過言ではなかった。
店内でくつろぐ客も地元のおしゃれな人たちが集まっており、自信を持って紹介したいお店の一つです。

Daydream Surf Shop
1588 Monrovia Ave,
Newport Beach, CA 92663

(949) 612-7175

Monday – Friday 7am – 6pm
Saturday & Sunday 8am – 6pm

https://daydreamsurfshop.com/

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

史上最年少!15歳でWCT入りを決めたキャロライン・マークス

BeachCulture 2019/11/16

世界の島々に劣らない日本の離島

BeachCulture 2019/11/14

STAB人気企画ミステリーボード舞台は日本

BeachCulture 2019/11/10

デーン・レイノルズ流!ボトムターンを改善してネクストレベル!

BeachCulture 2019/11/09

コロへ・アンディーノのサーフィンが上達する12ステップ!!

BeachCulture 2019/11/06

カリフォルニアの旅で出逢った素敵なコーヒーショップ

BeachCulture 2019/11/03

元世界チャンピオン、オッキーの現役時代

BeachCulture 2019/10/29

雪山でサーフィンしよう!

BeachCulture 2019/10/26

冬でもサーフィンをするべき4つの理由。

BeachCulture 2019/10/20

旅と写真とサーフィン、これだけで人生は素晴らしい。

BeachCulture 2019/10/17