Next Prev

Somewhere – 世界のどこかで作られてわたしの元へやってきた-

FASHION 2019/07/30

一気に気温も高くなり日差しも強くようやく夏らしい天候になってきましたね。

素材の持つ美しさを引き出し繊細に、しなやかに光るジュエリーブランド【Sipilica】
内なる自然を感じ、自然との一体感をもたらすをテーマに、デザイナーMahoさんが日々大事にされていること、
旅で受けたインスピレーションなどをもとに作成されており、当店でもとても人気の高いブランドです。
本日はそのSipilicaより、GREENROOM GALLERY内でもYokohama店のみでお取り扱いをスタートしたリングと、そちらのシリーズをご紹介致します。

ひとつひとつのターコイズが個性豊かなこちらのリング。
世界のどこかで作られて、旅先で偶然出会ったというイメージで作られた【Somewhere】シリーズのリングたちです。

ターコイズの産地には様々な場所がありますが、こちらはアメリカ・ネバダ州のRoyston(ロイストン)鉱山のナチュラルターコイズを使って制作されています。
色の濃淡やでこぼこ感、真っ青なだけではないこちらの石は、ターコイズの中でも一番大地の恵みを感じられると、デザイナーのお気に入りの鉱山の石でもあるそう。
確かに他のターコイズと比べても少しワイルドでそれぞれが青や緑の色の深みも表情も全く違い、より原石を感じられます。
こんなにも美しく優しい石たちが、自然界で生まれたとは畏敬の念を抱かずにはいられません。

丸みのあるデザインなので、女性がつけても強くなりすぎず、優しい印象でありながら存在感は圧倒的。
またリング部分には刻印があり、シルバーは少しいぶしがかっていてるようなマットな仕上がりなので、男性が身につけても素敵です。

ターコイズは旅のお守りと言われています。
旅に連れ出してくれるような、そしていつも見守ってくれるようなそんな素敵なリング。
こちらのリングはGREENROOM GALLERY内ではYokohama店のみでのお取り扱いになります。

左】 Somewhere Line Hoop Pierce ¥18,000 (+TAX)
右】 Somewhere Line Hoop イヤリング ¥20,000 (+TAX)

同じくSomewhereシリーズのこちらはピアスと、イヤリング。
このSomewehreシリーズ、一番の特徴は、何と言ってもこの細やかで繊細な刻印。
アメリカかもしれない、アフリカやアジアかもしれない。世界のどこかの誰かの手で作られたような、そんなイマジネーションを掻き立てるデザイン。
ネイティブアメリカンやエスニックなどトライバルな印象がありつつも、決して限定的でなく、あまり過ぎない感じが洗練された大人にぴったりです。

こちらのシリーズは他にもバングル、ネックレスなどのご用意もございます。

世界のどこかで作られて、わたしの元へやってきた、そんなテーマのこのSomewhereシリーズ。
むしろ身につけるとどこかに連れて行ってくれるようなそんなジュエリーたちです。

是非、GREENROOM GALLERY Yokohama店でご覧になって下さいね。

GREENROOM GALLERY Yokohama

神奈川県横浜市中区新港1-3-1
MARINE&WALK 1F
Tel: 045-319-4703
Open 11:00 – Close 20:00
Mail: yokohama@greenroom.jp
Webstore: http://www.greenroomgallery.com
Instagram: @greenroomgalleryGREENROOM GALLERY Yokohama

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

美人プロロングボーダーJosie Prendergast

BeachCulture 2019/12/05

GREENROOM FESTIVAL’20 開催決定!!

BeachCulture 2019/12/03

サーフ界も新時代!Microsoft社提携テクノロジー

BeachCulture 2019/12/02

五十嵐カノア2020年目標は東京五輪で金!

BeachCulture 2019/11/29

Google Earthで未開のヴァージンウェイブを探す

BeachCulture 2019/11/23

テイラー・ノックスに学ぶ陸でカービング練習!

BeachCulture 2019/11/19

史上最年少!15歳でWCT入りを決めたキャロライン・マークス

BeachCulture 2019/11/16

世界の島々に劣らない日本の離島

BeachCulture 2019/11/14

STAB人気企画ミステリーボード舞台は日本

BeachCulture 2019/11/10

デーン・レイノルズ流!ボトムターンを改善してネクストレベル!

BeachCulture 2019/11/09