Next Prev

パサパサ、キシキシ…… 海上がりのヘアトラブルを減らす方法

BEAUTY 2019/07/29

海遊びを存分に楽しんだあとに、髪の毛がパサパサ、キシキシになっていてテンションが下がってしまうことがありますよね。ここでは、海によるヘアトラブルを軽減するための方法を、海に入る前、海に入った後別にご紹介。ヘアトラブルのために備え、更にビーチタイムを楽しめますように。

海に入る前にケア! 3つのHOW TO

海上がりに髪の毛がパサパサしたり、ゴワゴワするので、海上がりのケアにフォーカスが行きがち。けれど、海に入る前のケアも重要だったのです。
海に入る前にできるヘアケア方法とは?

1. 髪の毛を結ぶ

©We heart it
まず最初に、髪の毛を結んですっきりとまとめる方法がおすすめ。海に入ると髪の毛が広がってしまい、ダメージに繋がります。そのダメージを少しでも軽減させるためにも、すっきりとまとめて広がりを抑えて。

2. 海水にさらす前に、髪の毛を真水につける

©We heart it
海に入るのなら、いきなり海水に髪の毛をつけるのは避け、真水で濡らしておきます。こうすることで、髪の毛が水分を含み、海水からのダメージを軽減することができます。

3. オイルやトリートメントで髪の毛をコーティング
真水で髪の毛を濡らしたら、オイルや洗い流さないトリートメントで髪の毛をコーティングすることも有効。現在では、サーファーのためのナチュラル成分でできた洗い流さないヘアトリートメントなども登場しているので、お気に入りを見つけてみて。

海上がりに実践したいヘアケア5選

海に入る前のヘアケアについてマスターしたら、お次は海上がり。ご紹介する5つの方法をするとしないとでは歴然の差が出てくるので、ぜひ参考にしてみて。

1. すぐに真水で洗い流す
海から上がったら、髪の毛が乾くまで放置するのではなく、真水でしっかりと洗い流しましょう。こうすることで、海水が流れ落ち傷む原因が軽減されます。

2. すぐ乾かせない場合は、オイルやトリートメントをつけておく
真水で海水を洗い流したあと、すぐにドライヤーで乾かせない場合、タオルドライ後にオイルや洗い流さないトリートメントをつけておくことで、髪の毛に潤いが与えられ傷みの軽減に繋がります。

3. シャンプー&トリートメントは敏感肌用がおすすめ

©We heart it
海水にさらされたり、頭皮が日焼けしている状態なので、通常のシャンプーやトリートメントでは刺激が強い場合も。そのため、敏感肌用を使用するのがおすすめ。

4. スペシャルケアで髪の毛に栄養を与えて
傷んだ髪の毛に栄養を与えるために、トリートメントパックをしたり、ドライヤーの前に美容液を使うのもおすすめ。いつもより髪の毛をいたわるつもりで、スペシャルケアを導入してみて。

5. ヘアカラーはしばらく控える
海水で髪の毛が傷んだ状態で、すぐにヘアカラーをするのはダメージの上乗せに! 海に行った直後は控えるようにしましょう。

海へ行く機会が多くなるこの季節、ヘアケアもしっかりと行って、存分にビーチタイムを楽しんでくださいね。

ABEFUMIKA

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

湘南の茅ヶ崎が世界で5位

BeachCulture 2020/05/28

人魚のように美しい美女サーファー

BeachCulture 2020/05/26

世界中から注目を集める15歳のサーファー

BeachCulture 2020/05/25

カリッサ・ムーア「Riss」が公開!

BeachCulture 2020/05/20

GREENROOM FESTIVAL’20 出演 注目アーティストvol.02

BeachCulture 2020/05/16

GREENROOM FESTIVAL’20 出演 注目アーティストvol.01

BeachCulture 2020/05/12

女性サーフカメラマン

BeachCulture 2020/05/09

リゾート旅行へとエスケープ。おうち時間に堪能できる至福のバスグッズ

BEAUTY 2020/05/07

#おうち時間 に映画で旅をしよう! ロードムービーおすすめ6選

BeachCulture 2020/04/29