Next Prev

世界屈指の透明度! 座間味島で「ケラマブルー」を体感

BeachCulture 2019/07/25

「座間味の海に入ったら、沖縄本島には潜れなくなるよ!」
そう聞いていたけれど、沖縄本島の海も十分に綺麗だし、にわかには信じがたい……。しかし、実際に座間味島へ行ってみると、その言葉に納得。
本記事では、那覇から船でおよそ1時間で到着できる魅惑の島、座間味島の魅力をお伝えします。

那覇から楽々船でアクセス


前回紹介したように、那覇からフェリーでおよそ2時間、高速船でおよそ1時間で到着する座間味島。
慶良間諸島に所属し、面積はおよそ6.7㎢の小さな島は、高い透明度を誇る海が魅力です。
そんな座間味島のおすすめスポットをご紹介。

古座間味ビーチでリラックスタイムを過ごす


島のメインビーチの一つである、古座間味ビーチ。車がなくとも、座間味港からバスで移動することができます。
ここでは、ビーチアクティビティを楽しんだり、食事をとることが可能。シュノーケルに必要なフィンやマスクもレンタルでき、数メートル泳ぐと珊瑚やカラフルな魚と戯れることができます。また、パラソルやチェアーのレンタルもできるので、ビーチでのんびり過ごしたい人にはうってつけ。

シュノーケルツアーでケラマブルーを堪能

ビーチで気軽にマリンアクティビティを楽しむのももちろん良いけれど、せっかくのケラマブルーを体感するためにも、シュノーケルツアーに出かけるのがおすすめ。
今回は、座間味島にある『マリンショップ アイリー 座間味』さんにシュノーケルツアーに連れて行ってもらいました。

まず最初に向かったのは、無人島である嘉比島。離島に行くことができるのも、シュノーケルツアーの楽しみの一つですよね。


まるでプールのような透明度に、思わずうっとり。水面のきらめきや、ブルーグラデーションに輝く海を眺める時間は癒しのひととき。

嘉比島で身体を海に慣らしたら、シュノーケルスポットへ移動します。

©IRIEzamami
沖縄本島でももちろんシュノーケリングを楽しむことはできますが、座間味島ではより透明度の高い海を散策することができ、目の前に広がる海の世界に感動します。

©IRIEzamami
さらに座間味島の魅力といえば、ウミガメに会えるということ!
今回、2泊3日で座間味島に滞在しましたが、3日連続ウミガメに出会うことができました。普段は目にかかれない生き物と一緒に泳ぐという貴重な体験ができるのは、座間味島ならでは。

座間味島へ訪れたのなら、ぜひシュノーケルツアーに出かけてみて。


SHOP INFO
Marine Shop IRIE zamami(マリンショップ アイリー 座間味)
住所:沖縄県島尻郡座間味村字座間味3番地
電話番号:098-987-2545
公式サイトはこちら

女瀬の崎展望台で雄大な景色に癒されて


座間味島には、海を一望できる「女瀬の崎展望」という絶景スポットがあります。昼間には青と緑のコントラストを、夕方にはオレンジやピンクに染まる空と海を眺めることができるので、こちらもぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

今まで体感したことのない海の透明度に癒された座間味島への旅。ご紹介した以外にも、「阿真ビーチ」や「マリリンの像」などの観光スポットの他、沖縄料理を堪能できる食事どころも多数あります。

那覇から楽々アクセスすることができるので、心身を癒しにぜひ一度訪れてみてはいかが?

ABEFUMIKA

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

カリフォルニアおすすめサーフポイント!

BeachCulture 2019/10/14

ALEXIA STAM 2020 SS Collection Pre-order Event開催!

BeachCulture 2019/10/09

ウェットスーツを20分で乾かす方法!!消臭効果も!

BeachCulture 2019/10/06

たったの2ヶ月間しか現れない「幻の島」

BeachCulture 2019/10/01

実はベストシーズン! 10月に沖縄に行くべき3つの理由

BeachCulture 2019/09/24

生まれつきハンデをもつ天才サーファー、クレイ・マルゾ

BeachCulture 2019/09/18

スーパーモデル・ベラ・ハディッドが語るカリフォルニアの魅力

BeachCulture 2019/09/15