Next Prev

「人間は皆自由で美しい」Camille Izumi Pageのアートで夏バテ解消

MUSIC & ART 2019/07/24

Camille Izumi Page(カミーユ・イズミ・ペイジ)はカリフォルニアで生まれ育ち
現在ハワイ、カウアイ島在住の新進女性アーティスト。

今年のGREENROOM FESTIVAL ’19で初めて展示販売されたカラフルな水中アート作品は、
GREENROOM GALLERYで扱うアートの中では珍しく油彩で描かれていることもあり一際個性を放っていましたね。

初めて彼女の作品を目にした時、子供の頃プールに飛び込んだり、潜ったり、グルグル回ったりと
1日中水と遊んでいたシーンが昨日のことのように蘇ってきました。

カリフォルニアの海は冷たく19才の時に、身体を締めつけるウエットスーツが嫌いという理由もあり
ハワイへ移住してきたCamilleの生活は毎日が自由でハッピー!

独学でアートを学び、海と回りの人間、そしてそのライフスタイルから
インスパイアされたUnder Water Art作品も涼しげで自由そのものです。

深いブルーの世界に溶け込んでいく浮遊感と無重力感は、まるで空を飛んでいるかのよう。

Original Oil Paint on Wood “DEEP BLUES” 11×18inch ¥99,000(+TAX)

ブラシやパレットナイフを使ってのオイルペインティング(油彩)でWoodに描かれているため、
より素朴でナチュラルな風合いが楽しめますね。
裏面にはサインとタイトルが直筆で記載され、額無しでこのまま飾って頂けます。

水中で自由自在に動く人間のフォームを描き続けるCamille。
スローモーションフィルムを見ているようにゆったりと、かつ躍動感溢れるアートスタイルは、
人の身体はこんなにも軽やかで美しいことを再確認させてくれます。

モデルは彼女のファミリーや愛犬、友人達。
彼らの楽しそうな笑い声や水音まで聞こえてきませんか?

Original Oil Paint on Wood “SPUN” 11×14inch ¥99,000(+TAX)

Camilleのお祖母さんミチコさんは1950年代に当時5才の娘さん(Camilleのお母さん)を連れて、
封建的だった日本から自由を求めてアメリカへ移民してきました。
Camilleも幼い頃毎週日曜にはみそ汁を食べていたそうで、
作品のサイドには漢字でしっかりと泉のサインが見られます。

Camilleにとってお母さんは常に自分の作品の一番のファンであり一番の親友であるという。
彼女の作品は単なる「アート」ではなく、大好きな家族や友人達への愛そのものなのです。

忙しい毎日にちょっぴりお疲れの方、子供の頃のような純粋な感性を忘れかけている方、
もっともっと自由に生きたい大人のあなたに。
Camilleのアート作品に触れると、人は皆楽しく幸せになるために生まれてきたんだなあと思い出すはず。

鎌倉のビーチもいよいよ真夏に突入し、海の家もにぎわっていますよ。
水中の気持ち良さを味わいにお出かけください。
そして、ビーチで楽しんだ後はGREENROOM GALLERY Kamakuraへ、
Camilleの涼しげなアートを見にいらしてくださいね。

GREENROOM GALLERY Kamakura
〒2480016
神奈川県鎌倉市長谷1-15-3
Tel/FAX 0467-33-5026
営業時間 10:00~18:00
江ノ電「長谷駅」より徒歩5分
Mail:kamakura@greenroom.jp

Webstore: https://greenroomgallery.com/
instagram: @greenroomgallery
Facebook: @Greenroomgalleryjapan

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

カリフォルニアおすすめサーフポイント!

BeachCulture 2019/10/14

ALEXIA STAM 2020 SS Collection Pre-order Event開催!

BeachCulture 2019/10/09

ウェットスーツを20分で乾かす方法!!消臭効果も!

BeachCulture 2019/10/06

たったの2ヶ月間しか現れない「幻の島」

BeachCulture 2019/10/01

実はベストシーズン! 10月に沖縄に行くべき3つの理由

BeachCulture 2019/09/24

生まれつきハンデをもつ天才サーファー、クレイ・マルゾ

BeachCulture 2019/09/18

スーパーモデル・ベラ・ハディッドが語るカリフォルニアの魅力

BeachCulture 2019/09/15