Next Prev

ケラマブルーを堪能! 座間味島への行き方、アクセス方法は?

BeachCulture 2019/07/19

沖縄県にある離島「座間味島」をご存知ですか?
ケラマブルーで知られる慶良間諸島に所属する島のことで、本島よりも透明度の高い海を体感することができます。
ここでは、座間味島への行き方、アクセス方法をご紹介。

座間味島へは「船」で移動

座間味島へ行くには、船で移動します。高速船もしくはフェリーでの移動になるのですが、当日予約はできず、またハイシーズンはチケットが売り切れていることがほとんどなので、早めの事前予約がおススメ。電話での予約は、乗船日の2ヶ月前から可能。また、便の時間は、座間味村公式サイトで確認できます。
予約・問い合わせ:098-868-4567

フェリー乗り場がある「泊港」へは、那覇空港からの場合タクシーもしくはモノレールで移動します。
タクシーの場合、空港からおよそ20分(道路混雑状況による)で、モノレールの場合は美栄橋駅下車ののち徒歩約10分で到着します。

泊港に到着したら、チケット売り場でチケットを購入します。
チケットの料金は、下記の通り。

フェリー座間味:大人¥2,120 小人¥1,060(片道料金)
クイーン座間味(高速船):大人¥3,140 小人¥1,570(片道料金)


チケットを購入したら、乗り場へ向かいます。写真は、フェリー座間味。フェリーの場合は片道およそ2時間、高速船の場合は片道およそ1時間です。

フェリーの中に入ると、座敷席、ゆったりとした座席があるので、快適な移動時間を過ごすことができます。窓際には、コンセントのついた席も用意されているので、充電に困らないのも嬉しいですよね。

座間味島へ行く前に、阿嘉島に停船し、その後座間味島へ到着します。

到着してすぐ、その透明度や海の青さに感動するはず。
座間味島の魅力は、また別記事にてご紹介しますね!

沖縄本島も魅力たっぷりですが、手つかずの自然が多く残り、透明度の高い海が望める座間味島にもぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

ABEFUMIKA

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

中国で発生する潮津波でサーフコンテスト

BeachCulture 2019/12/10

使っていないボードで現金ゲット!?旅先にサーフボードは不要!?

BeachCulture 2019/12/07

美人プロロングボーダーJosie Prendergast

BeachCulture 2019/12/05

GREENROOM FESTIVAL’20 開催決定!!

BeachCulture 2019/12/03

サーフ界も新時代!Microsoft社提携テクノロジー

BeachCulture 2019/12/02

五十嵐カノア2020年目標は東京五輪で金!

BeachCulture 2019/11/29

Google Earthで未開のヴァージンウェイブを探す

BeachCulture 2019/11/23

テイラー・ノックスに学ぶ陸でカービング練習!

BeachCulture 2019/11/19

史上最年少!15歳でWCT入りを決めたキャロライン・マークス

BeachCulture 2019/11/16

世界の島々に劣らない日本の離島

BeachCulture 2019/11/14