Next Prev

海に行くと癒される理由って?

BeachCulture 2019/06/22

日々仕事に追われたり、それだけでなくプライベートも悩みごとがあったり…… そんな疲れてしまった時や落ち込んだ時に、ふと「海に行きたい」と思うことはありませんか?
これは、私たち人間の本能から湧き上がるものであり、実際に海には癒し効果が沢山あったのです。

そんな海による癒し効果について詳しくご紹介します。

1. 視覚的な癒し効果


まず海には、視覚的な癒し効果があります。
真っ青な空に、真っ青な海…… 海には自然界の青が存在し、この青には「心身の興奮を鎮める」効果や「感情を抑える」効果があると言われています。また、集中力をサポートするにも効果的なので、何かに行き詰まった時に気分転換として海に行くのもオススメ。


©Instagram
また、朝日や夕日のオレンジにも癒し効果が期待できます。炎のゆらぎには癒し効果がある、というのを聞いたことはありませんか?
ぬくもりのある色で、物事を前向きに捉えるサポートをしてくれると言われているオレンジ。朝日や夕日と、その光を受けてキラキラと揺らめく水面を眺めるのは心身のリラックスに効果的です。

2. 音による癒し効果


©Instagram
寄せては返す、波の音。この音にも癒し効果が隠されています。
自然界には、「1/fゆらぎ」と呼ばれるゆらぎがあり、波の音はもちろん、川のせせらぎ、鳥のさえずり、葉の揺れる音などが挙げられます。この音を聞くと、人間の脳から落ち着いた状態の時に出る「a波」という脳波が出て、ストレス解消に繋がるんだとか。

海に行くのはなかなか難しい、なんて時には、この自然界の音「1/fゆらぎ」を取り入れたヒーリングミュージックを聴くのもオススメです。

3. 海そのものの癒し効果


©We heart it
ミネラルたっぷりの海水に浸かることそのものにも、癒し効果があると言われています。地球のエネルギーが流れる海に入ると、浄化作用も期待できるそう。
更に、母親の胎内にある「羊水」は海水とほぼ同じ成分だそうで、海に入ると胎内回帰したような安心感を覚え、本能的に癒されるんだとか。

4. 太陽による癒し効果


©Instagram
海にいると、いつもより多く太陽を浴びますよね。この、太陽を浴びるという行為そのものもリラックスに繋がります。
太陽を浴びると、人間の脳から「セロトニン」という成分が分泌され、これは別名「幸せホルモン」とも呼ばれています。なぜそう呼ばれるのかというと、自立神経を整え心をポジティブにしてくれたり、心地よい目覚めをサポートしてくれたり、ストレス解消に繋がるから。
他にも癒し効果のある海で太陽を浴びたら、相乗効果が期待できます。

5. 裸足で歩くことによる癒し効果


©Instagram
海へ行くと、裸足で歩くことが多くなりますよね。
裸足で歩くと、憂鬱な気持ち、不安な気持ちが減少するという研究結果が出ているので、これが癒しに繋がると言われています。日光浴同様の自然治癒力が期待できるので、海に行った際にはビーチサンダルを脱いで裸足で歩いてみて。

本格的な夏が近づき、海へ行く人も増えてくるこの季節。
海の癒しパワーを存分に受け取って、日々の悩みやストレスを解消してみて。

ABEFUMIKA

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

生まれつきハンデをもつ天才サーファー、クレイ・マルゾ

BeachCulture 2019/09/18

スーパーモデル・ベラ・ハディッドが語るカリフォルニアの魅力

BeachCulture 2019/09/15

第二のバリ島と呼ばれる「ロンボク島」の魅力

BeachCulture 2019/09/10

海でサーフィンじゃはなくて川!?自然に囲まれた最高なロケーションでのリバーサーフィン!!

BeachCulture 2019/09/08

ウユニ湖が近場に!? 台湾「高美湿地」で幻想的な世界を堪能

BeachCulture 2019/08/27

NujabesとMINMIのコラボレーション!!

MUSIC & ART 2019/08/26