Next Prev

GREENROOM FESTIVAL’19出演 注目アーティストvol.05

BeachCulture 2019/05/11

2019年5月25日(土)と26日(日)の2日間に渡り横浜・赤レンガ地区で開催される、
日本最⼤級のサーフカルチャーフェスティバルGREENROOM FESTIVAL’19.

毎年国内外から注目のアーティストが集結する。
今年も豪華なアーティストが出揃い当日のタイムテーブルも発表された。

そこで、BEACH CULTURE GUIDEが選ぶ一押しアーティストをイベント当日まで、数回に分けて紹介していきます。
当日フェスを十分に楽しむために、出演アーティストの予習は必須。

今回、第五弾として紹介するアーティストは25日、26日から1組ずつピックアップ!

「FISHBONE」


5.25 (SAT) 18:45からBlue Skyで登場する、
クラシックとも言える80年代初期のメンバー達でラインアップを固めた今、フィッシュボーンはロックン・ロール・エリート達の間にある然るべき地位を取り戻すべく任務を遂行する。

「現状を考えると、マジでありえないとしか言いようがない」と創設メンバーでありベーシストのノーウッド・フィッシャーは語る。「兄弟として、そしてバンドメイトとして再結成するなんて!そして今までに無いくらいバンドとして絶好調だ。俺達をこれまで支えてきてくれた皆んなと同じく、俺達自身もステージへこのエナジーを届けることをとても楽しみにしている。まさにワールドワイド・ファミリーフッドだぜ」

1979年に結成したフィッシュボーンは、ファンの中でも特に人気の”Party at Ground Zero”や “Ugly”を収録したセルフタイトル・アルバムを1983年にリリース後、急速にその知名度を上げ、1988年にバンドとしてMTVで初めてのビッグヒットを記録した”Freddie’s Dead”を収録した、彼らの名を轟かせた傑作フル・アルバム 「Truth and Soul」をリリース。

それ以来、数々の主要ラジオ局や様々な映画にも出演されるようになった彼らは、これまでに9枚に及ぶアルバムをリリース。2010年にはドキュメンタリー映画「Everyday Sunshine: The Story of Fishbone」が公開。

「俺はとにかく全てのフィッシュボーン・ソルジャー達に、このOG・フィッシュボーン・クラッシック・マニフェステーションにバンドのレガシーを刻むべく、そのハートとソウルを捧げてくれていることに感謝を伝えたい。」とフロントマンであるアンジェロ・ムーアは明言している。
「これは俺の為であり、君達の為なんだ」

「Tom Misch」

常に時代の先端をいく新たな才能を生んできたロンドンにおいて、今一心に期待を集める若干20歳の新鋭、トム・ミッシュ。ジョン・メイヤーの影響を感じさせるメロウでカラフルなソングライティングと甘いヴォーカル、またトラックメイカーとしても高い評価を受けている。セルフリリース作品が既に合計で1億4千万回を超える驚異的なストリーミング再生数を記録中。昨年は公式デビュー前にもかかわらず、UK、ヨーロッパ、USツアーを軒並みソールドアウトさせ、今年はコーチェラへの出演も決定している。待望のデビュー・アルバム『Geography』は、4月6日 (金) に世界同時リリース。

About 「GREENROOM FESTIVALʼ19」
サーフカルチャーをルーツに持ち、 2005年よりスタートした MUSIC・ART・FILM のフェスティバル、 「GREENROOM FESTIVAL(グリーンルーム フェスティバル)」は今年で15周年を迎えます。 同フェスティバルは“Save The Beach,Save The Ocean”のコンセプトを掲げ、MUSICとARTを通して、 海やビーチのライフスタイルとカルチャーを伝え、子供達に大切なビーチを残して行きたいと考えています。 多くの人々に支えられていることに感謝を込めて、これからも新たな感動を伝えていきます。

GREENROOM FESTIVALʼ19 開催概要
【イベント名】GREENROOM FESTIVALʼ19
【会場】横浜赤レンガ地区野外特設会場
【日程】2019年5月25日(土 )・26日(日)
【主催・企画・制作】 グリーンルームフェスティバル実行委員会

一般チケット 4月1日(月)発売開始!
1日券 ¥11,730(税込) / 2日券 ¥19,000 (税込)
チケット受付URL: https://greenroom.jp/tickets/ 詳しくは上記URLをご確認ください!

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

あまり知られていないサーファー保険とは?

BeachCulture 2019/07/21

ケラマブルーを堪能! 座間味島への行き方、アクセス方法は?

BeachCulture 2019/07/19

都会で海を感じられるOCEAN PEOPLES’19が終焉!

BeachCulture 2019/07/16

OCEAN PEOPLES19本日開催!

BeachCulture 2019/07/13

頭皮が日焼けしてしまったら? 正しいアフターケアでトラブル回避

BEAUTY 2019/07/08

約10キロ相当の距離をサーフィン!?

BeachCulture 2019/07/06

カリフォルニア出身美女サーファー

BeachCulture 2019/07/04

ジョンジョンに学ぶ驚愕「ドルフィンスルー」

BeachCulture 2019/07/01

年中オンシーズンの美しき島スリランカ

BeachCulture 2019/06/30