Next Prev

GREENROOM FESTIVAL’19出演 注目アーティストvol.02

MUSIC & ART 2019/05/02

2019年5月25日(土)と26日(日)の2日間に渡り横浜・赤レンガ地区で開催される、
日本最⼤級のサーフカルチャーフェスティバルGREENROOM FESTIVAL’19.

毎年国内外から注目のアーティストが集結する。
今年も豪華なアーティストが出揃い当日のタイムテーブルも発表された。

そこで、BEACH CULTURE GUIDEが選ぶ一押しアーティストをイベント当日まで、数回に分けて紹介していきます。
当日フェスを十分に楽しむために、出演アーティストの予習は必須。

今回、第二弾として紹介するアーティストは25日出演枠から2組をご紹介!

「AmPm」

2017年3月「Best Part of Us」でデビューした日本人二人組による覆面ユニット。
デビュー曲が世界中で話題となる。同年、インドネシアで開催されたSpotify主催ライブでは日本代表として出演。
2018年には、ULTRA MIAMI、KOREA等の出演や、ニューヨークでの単独ライブを開催。
自身の楽曲に加え、Afrojack、R3HAB、Nicky Romeroなど海外大物アーティストのremixを手がけ、
日本においては、ゲスの極み乙女「ぶらっくパレード」のremixや、平井堅「HOLIC」のプロデュースを行う。
ダンスミュージック を軸に様々なゲストボーカリストを招き、これまで20作品以上を発表。
海外リスナーが7割を占める、今世界でもっとも注目される日本人アーティストの1組。

「Allah-Las」

アラーラズはLA・シルバーレイク出身のサーファーのMatthew Correia(vocals / drum)、Miles Michaud(vocals / rhythm guitar)、Spencer Dunham(vocals / bass)、Pedrum Siadatian(vocals / lead guitar)の4名で構成されている。
クリスタルラインのギターの音色、軽快なテンポを刻むドラム、ヴォーカル、コーラスのハーモニーが奏でるノスタルジックなメロディー。絶妙な音のリフレクションとエコーを駆使して醸し出される唯一無二のサウンドはまるでヴィンテージのサーフボードのような温もりと奥深い魅力に溢れている。近年ではジャック・コールマンの映像に音楽を提供したり、ライアン・バーチやステファニー・ギルモアとロードトリップ・サーフムービーを手がけるなど、サーフシーンでの活動も幅広い。カリフォルニアにとどまることなくアメリカ、ヨーロッパ、南アフリカ、ロシア、メキシコ、イスラエルなど各国でツアーを開催し2017年に世界最高峰のフェスと称されるコーチェラに出演、ヴィンテージ・ロック好きからサーフ・カルチャー系まで幅広く評価と人気を高めている。

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

独占インタビューGREENROOM FESTIVAL`19開催直前!

BeachCulture 2019/05/18

GREENROOM FESTIVAL`19 全ラインナップ発表!

BeachCulture 2019/05/14

GREENROOM FESTIVAL’19出演 注目アーティストvol.05

BeachCulture 2019/05/11

GREENROOM FESTIVAL’19出演 注目アーティストvol.03

MUSIC & ART 2019/05/05