Next Prev

LAのウォールアート!フォトジェニックスポット

MUSIC & ART 2019/03/06

観光地としても人気の高いロサンゼルス。

その人気の一つが、「フォトジェニックな写真が街中で撮れる」という事。可愛い写真を撮りに世界各地からの観光客が絶えないそう。

メルローズアベニューやダウンタウン、シルバーレイクなどのフォトスポットをまとめてご紹介。

PaulSmith(ポールスミス)

言わずとしれた人気NO.1ウォールアート。LAに行ったら必ず寄りたいスポットである。

@tammychannn

写真待ちの観光客が後を絶えず、1日のSNS投稿も平均400枚を超える。

@paulsmithdesign

この日はちょうど期間限定のレインボーカラーに。

これはLGBTコミュニティのイベントがロスで開催されることから2週間限定のペインティングである。

住所 8221 Melrose Ave, Los Angeles, CA 90046

「Made in LA」の壁

ポールスミスの壁の次に人気のスポットというばこちら。Cisco Homeの壁に描かれたMADE IN LAの文字。

実は家具屋さんの壁に描かれた文字なので、見逃さないように注意して!

出典:pinterest

この壁は午前中に行った方が明るく写真映えも◎ぜひ早めの時間に訪れてみては?

住所 8025 Melrose Ave,Beverly Grove, LA , CA 90046

「GIRLS TOUR」の壁

先ほどの2スポットに比べると少しマイナーなスポットといえばこちら。

逆に言えば、撮影待ちの人も少なく、思う存分写真に収められる穴場スポット♪

女子旅でァLAに訪れた際には是非立ち寄ってみて欲しい。

住所 7811 Melrose Avenue, Los Angeles, CA 90046

階段アート

さて今度は、場所をシルバーレイクに移動。壁ではなく、階段に注目のスポットだ。

まず1つめがピアノの鍵盤になっている階段。

住所 3229 Sunset Blvd, Los Angeles, CA

そして、大きなハートの階段。

出典:point-house

このキュートな階段はどちらも、こんな所に?!というくらい目立ちにくい場所にあるので、行く前にしっかりと場所を確認していこう。

住所 3400 Sunset Blvd, Los Angeles, CA

Arts District(アーツディストリクト)

ダウンタウンにあるアーツデジストリクト。この一画は工場や倉庫が立ち並ぶエリアであるが、ロサンゼルスの再開発によって変貌を遂げている今注目したいスポット。

壁にはたくさんのグラフィティアートが描かれている。今まで紹介してきたウォールアートとは少し雰囲気が違う。

この、独特な雰囲気に魅せられて移り住む若者も増えているそう。

出典:@arts_district_la

映画の撮影などにもよく使われているのも納得だ。

カフェやレストランも多いエリアのなので、お気にりのグラフィティを探しながら散歩するのも楽しいであろう。

Arts District WEBSITE

LAには至る場所にウォールアートが存在する。紹介したのもほんの一部に過ぎない。

ウォールアートの他にも、足元にキュートなアートや文字が書かれていたり、また建物自体がすごくフォトジェニックだったりとフォトスポットが満載なので、ぜひ見逃さないで欲しい。

 

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

POP-UP SHOP開催中| APOLISのカスタマイズバッグが欲しい!

FASHION 2019/03/23

真冬の日本で一番アツい2日間 『Snow Light Festivalʼ19』が終演!

MUSIC & ART 2019/03/22

インド洋の真珠と称される島

BeachCulture 2019/03/19

コーチェラフェスに学ぶ2019フェスコーデ!

BeachCulture 2019/03/15

第3弾出演アーティスト発表!

BeachCulture 2019/03/13

ハワイ再発見!Nick Kucharのアートのように暮らしたい

MUSIC & ART 2019/03/10

LAのウォールアート!フォトジェニックスポット

MUSIC & ART 2019/03/06

DEUS 2019 SS

FASHION 2019/03/03

人気急上昇中の島国スリランカ

BeachCulture 2019/03/01