Next Prev

隠れ家的人気ビーチリゾートエリア-ヌーサの魅力-

BeachCulture 2019/01/14

オーストラリアの東海岸に位置し、ゴールドコースト空港から北へ車で約2時間のヌーサヘッズ(オーストラリア 英/Noosa Heads)。
バイロンベイと共に、オーストラリア人が住みたい街として上位に入り、人口5万人規模のスモールビーチタウン。リゾート地としても人気が高い。
ビーチ沿いはおしゃれなカフェ・レストランをはじめアパレルショップや、お土産やさんなどもあるのだが、自然保護区に指定されており高層建築物を建てれない条例となっているため高層ビルなどは建てることができなく、街と自然が程よく交わった住み良いビーチタウン。

パームツリーの間からキラキラと射し込む太陽の光が格別な雰囲気を醸し出してくれる魅力的な街だ。

The beach from above, a unique perspective from the air looking down over the ocean at Noosa on the Sunshine Coast


 

ヌーサがあるサンシャイン・ビーチ全体のこの地域は、美しいビーチと広々とした沿岸の景色、そして内陸部の肥沃な土壌によって、特徴づけられている。
世界的に、またオーストラリア国内でも有名なビーチがヌーサ。
アレクサンドラ・ヘッドランド、ムールーラバー、クーラム及びカランドラのキングス・ビーチに位置している。

ビーチ沿いや岬付近には、サーファーに人気のサーフポイントが多数ある。ヌーサのビーチはヌーサビーチとサンシャインビーチの2種があり、どちらも素晴らしいサーフスポットで、ゴールド・コーストよりも波は大きくはなく、ロングボードがメインとなっているがショートボードも十分に楽しめるファンな波を楽しむことが出来る。
そして日本ではありえないが、ヌーサの太平洋側に位置するアレクサンドリア・ビーチはヌーディストビーチとなっており人気が高い。

 

 
ビーチ大国なだけに砂浜の砂質もよく、ゴールドコースト、サンシャインビーチともに、白く細かいサラサラな砂浜が特徴で、歩くたびに砂がキュキュキュと鳴る「鳴き砂」なんです。
豆知識ですが、ハワイの砂浜なんかもオーストラリアの砂を持ってきてビーチを作ったんですよ。
サンシャインビーチにはもう一つ特徴があり、ビーチの芝生の所には無料で誰もが使えるBBQを楽しめるスペースと加熱できるコンロのような鉄板があリます。海上がりにサクッとBBQしたりできるのはとても魅力的ですね。

オーストラリア全般に言えることですが、オーストラリアでは小学生の時から体育の一環でライフセーバーの授業があったり、学生時代にライフセービングクラブに所属している若者がとても多いんです。
そういった背景もあり、各ビーチには複数のライフセーバーが当たり前に常駐していおり常に海の安全を守ってくれ、地元民も観光客も安全で安心して海で遊ぶことができるんです。

ビーチタウンだけあってサーフィンも国技級に人気で、CTサーファーのミック・ファニングなどは日本でいうサッカー選手や、野球選手並みにスター扱いされるためオーストラリアの子供達は幼い頃から、横ノリシーンにどっぷり浸かって街ではスケボーをして、海ではサーフィンという人たちが子供大人関係なく楽しんでいる。

 

 
そしてヌーサにはフレーザー島という砂でできた世界一大きな島があり、世界遺産としても有名で一度は訪れて見たい場所ですね。

 

 
そして、ここヌーサといえば毎年三月に開催される”Noosa Festival of Surfingヌーサフェスティバル“

ロングボードを中心に、SUPやハンドプレーンなどといったサーフィンの大会が約一週間開催される。
開催場所は、ヌーサのメインである”メインビーチ“で開催され、毎年1000人近いサーファーがエントリーするビッグなイベント。
本年度から、サーフィンの世界戦でもあるWSLロングボード部門の初戦が同時開催されることが決定している。

ブリスベン空港から140kmほど北上した、サンシャインコーストの一番北に位置する洗練されたビーチ。
サーフィンの大会と言っても真剣に争うというよりかは、世界で活躍するトップサーファー達が集結して、ゆるくみんながワイワイ楽しんでいるのが特徴。
年齢別に分けられた大会や、ファミリーで参加できる部門もあり、ピースフルな雰囲気が常に会場に漂う。

ヌーサの波は、外洋に近く波のうねりの反応が一番敏感で溜まった波がブレイクすると最高にファンウェーブとなるんです。
インサイドに行くにつれサイズが落ちていき、初心者でもサーフィンを楽しめるのも特徴で、沖から数百メートルのライドができることもある。

そんなヌーサフェスティバルが今年も開催が決定し、スケジュールが発表された。
現在の予定だと、
3月2日〜6日ー通常のヌーサフェスティバルのディビジョン各カテゴリーが開催。

3月7日〜10日ーWSL試合開催。

WSLの試合はロングボードツアーの初戦となり、参加資格はWSLにプロ登録をしていればどなたでも参加できるようです。
出場枠は男女ともに60名ずつとなっております。

ヌーサフェスティバルはアマチュアのカテゴリーもあるので、参加するも良し!お客さんとしてフェスティバルを楽しむも良し。
この機会に是非、ヌーサへ足を運んで世界最高峰の試合を現地で観戦してみてはいかがでしょうか。

https://www.noosafestivalofsurfing.com/「公式HP参照」

大会の様子をこちらからチェックして見てください。


 

 
ヌーサに行くきっかけに”Noosa Festival of Surfingヌーサフェスティバル“に参加してみては??

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

生まれつきハンデをもつ天才サーファー、クレイ・マルゾ

BeachCulture 2019/09/18

スーパーモデル・ベラ・ハディッドが語るカリフォルニアの魅力

BeachCulture 2019/09/15

第二のバリ島と呼ばれる「ロンボク島」の魅力

BeachCulture 2019/09/10

海でサーフィンじゃはなくて川!?自然に囲まれた最高なロケーションでのリバーサーフィン!!

BeachCulture 2019/09/08

ウユニ湖が近場に!? 台湾「高美湿地」で幻想的な世界を堪能

BeachCulture 2019/08/27

NujabesとMINMIのコラボレーション!!

MUSIC & ART 2019/08/26