Next Prev

ノースショアにある隠れたサーフミュージアム

BeachCulture 2019/01/01

多くのハワイフリークと話をしたが、NORTH SHORE SURF SHOPの存在を知る人は意外に少なかった。ノースショア・ハレイワにあるこのショップは、伝説のパイプライナー、リアム・マクナマラが運営に関わり、今をときめくシンガー&パイプライナーのランドン・マクナマラなど、多くのトップサーファーをライダーに抱えている名店だ。

店内はプロショップ兼、お土産ショップといった感じ。サーフボードや、リーシュコード、ボードバッグなどのギアものはもちろん、アパレルや、シェルなどのハワイもの、オリジナルアイテムなどが揃う。
その他で言うとオーナーがヘザー・ブラウンや、クリスティー・シンなどと親交が深いこともあり、彼女たちのアートグッズもラインナップしている。
世界屈指のパイプライナーやコンペティターたちをサポートし、観光客も楽しめるショップなのだが、今回はこの店に潜む、もうひとつの顔を紹介しようと思う。

オーナーの名はルイス・リアル。彼はノースショア・サーファーたちの兄貴分といった立ち位置。
ひとたび道を歩けば皆が手を振り、気さくに話しかける頼りになる存在だ。そして実はハワイ随一のヴィンテージ・サーフボード・コレクターとしての顔も持っている。
そんな彼の趣味が高じ、NORTH SHORE SURF SHOPの店内の天井には圧巻のヴィンテージボードがずらりと並ぶ。
マニアックな例えだが、それはカリフォルニア・サンディエゴにあるショップ、BIRDS SURF SHEDのハワイ版といったところ。店内に入らなければ知ることができない、ミュージアムという裏面を持っているのだ。

店頭に足を運ぶ際はまずそのボード勢を一本一本眺めてほしい。
’60sログから、’70sシングル、’80sツインなどが大量にストックされ、これらすべてが有名クラフトマンの本人シェイプだったり、有名サーファーのパーソナルボードだったり。
ライトニングボルトでいえばジェリー・ロペスや、ローリー・ラッセルがシェイプしたようなスペシャルなものばかり。
そんなプレミアムなヴィンテージボードばかりで構成された店内のレイアウトは、よくあるヴィンテージボードを飾ったサーフショップとは格が違うというわけだ。加えてコレクションに目をやるとそれらのコンディションの良さに驚くだろう。

「このショップに飾っている以外にもたくさんのヴィンテージボードを所有している。まるでデッドストックのように綺麗だけど、これらはフルレストアしたものなんだ。ただ単なるリペアではなく、一度ラミネートを剥がし、フォームを残してグラッシングし直しているのさ。ディケールなどはすべて残して、ピンラインやカラーも当時のままに再現している」とルイスは話す。

ルイスとヴィンテージボードの関係はとても特殊で、世界の多くのコレクターが注目している。
上の写真を見ればそんな彼のユニークなアプローチが理解できるだろう。

歴史的価値のある名シェイパーたちの、それもスーパーミントコンディションなヴィンテージボード勢は、もはや各地のサーフミュージアム以上? 眺めるも良し、交渉して手に入れるも良し。
オアフ島へ行く際はぜひNORTH SHORE SURF SHOPでB級遊びを楽しんでみてはいかがだろうか。

訪れる人の楽しみを奪わないよう、お見せした写真はごく一部なので。

 

 
住所/66-150 Kamehameha Hwy

電話番号/808-637-5002

営業時間/7:00~20:30

定休日/無休

photo @luisrealcollection

text Tropical Matsumura

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

カリフォルニアおすすめサーフポイント!

BeachCulture 2019/10/14

ALEXIA STAM 2020 SS Collection Pre-order Event開催!

BeachCulture 2019/10/09

ウェットスーツを20分で乾かす方法!!消臭効果も!

BeachCulture 2019/10/06

たったの2ヶ月間しか現れない「幻の島」

BeachCulture 2019/10/01

実はベストシーズン! 10月に沖縄に行くべき3つの理由

BeachCulture 2019/09/24

生まれつきハンデをもつ天才サーファー、クレイ・マルゾ

BeachCulture 2019/09/18

スーパーモデル・ベラ・ハディッドが語るカリフォルニアの魅力

BeachCulture 2019/09/15