Next Prev

バリの「ウブド市場」でショッピングが楽しいってウワサ!

BeachCulture 2018/12/25

バリのデンパサール空港から車でおよそ1時間、田園風景が人気のウブドは、手付かずの自然が多く残り、のんびりと過ごせる気持ちのいい場所。そんなウブドにある「ウブド市場」では、お土産にぴったりなアイテムたちが所狭しと置かれていて、歩いているだけでも楽しめちゃう人気スポット。

定番アイテムの「かごバッグ」もお安くゲット


©Instagram
今では季節問わず持てる定番アイテムとなった「かごバッグ」。ウブド市場では、こんな風にずらりと並んでいるショップが多くあるのです。
バリ雑貨の定番である「アタ」を使ったバッグたちは、コロンとした丸いフォルムや、スクエア、厚みのあるもの、ないものなどバリエーションは豊か。

©Instagram
日本ではなかなかお目にかかれない、こんなにカラフルなアイテムたちも揃います。こんなにキュートだと、どれにしようか迷ってしまいそう! コーディネート用にはもちろん、部屋に飾っていてもおしゃれな雰囲気に。

目に鮮やかなカラフル雑貨たち


©Instagram
小物入れやミラー、ポーチなどの雑貨たちも種類が豊富で、友人たちに配る用のお土産としてもぴったり。

©Instagram

コースターやストールなど、誰に何を買おう、と想像しながらショッピングするのも楽しみの一つ。
この他にも、伝統工芸やインテリア雑貨など、ずらりとショップたちが並んでいて、ついつい長居してしまいそうなのがウブド市場。

食べ歩きも楽しめちゃう!


©Instagram
市場では、小腹が空いた時にパクリと食べられる串焼きなど、ローカルフードも堪能できます。新鮮なフルーツもあるので、ホテルに持ち帰り朝食として食べるのも有りですよね。

商品には値段が書かれていない?

1つ注意をしたいのが、売られている商品たちに値段が書かれていないということ。そのため、ものすごく高い値段を言われたり、意外とすんなりこちらの言い値を受け入れてくれたりとケースバイケース。値段交渉をするのもアジア旅ならではかもしれません。

軒を連ねたお店を曲がると、またこんなお店が……! と、ワクワクが止まらないウブド市場。バリに訪れた際には、ウブドまで足を伸ばして、ショッピングを楽しんでみてください。

住所:Jl. Raya Ubud
時間:am5:00〜pm18:00(早朝はローカル向けのお店が中心。8時頃から観光客向けのお店が出始めます)

ABEFUMIKA

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

ノースショア BANZAI SKATEPARK

BeachCulture 2019/01/18

隠れ家的人気ビーチリゾートエリア-ヌーサの魅力-

BeachCulture 2019/01/14

“日本サーフアート巨匠 豊田弘治 ”  横浜初のART EXHIBITION!

MUSIC & ART 2019/01/14

大自然がつくる絶景を望む、奄美大島の魅力

BeachCulture 2019/01/08

70年代の革新

BeachCulture 2019/01/06

ノースショアにある隠れたサーフミュージアム

BeachCulture 2019/01/01

オフシーズンこそ狙い目! 冬の石垣島をのんびり満喫

BeachCulture 2018/12/30