Next Prev

ハワイで一番綺麗なサンライズが観れる場所とは

BeachCulture 2018/12/23

ハワイ州は8つの島で成り立っており、島によってそれぞれの魅力を持っている。

やはり観光客に一番人気なのは、オアフ島。

ホノルル市内なら日本語表記のサインや日本語を話せるスタッフも多くいるため、とても親切!
また最近では日本各地との直行便が増えたことでさらに人気を増した、ハワイ島。

今回はマウイ島のHALEAKALĀ(ハレアカラー)という山の美しさについて♪
標高3055メートルという、富士山とさほど変わらないほどの高さのハレアカラー。
ハレアカラーとは、日本語で「太陽の家」という意味で、その名の通りハレアカラー山頂からのサンライズとサンセットはどこよりも綺麗だ。
また、それだけでなく、暗いうちに登り流れ星を見に行く人も多くいる。


Photo via

マウイ島の一番大きな空港、カフルイ空港から山頂付近まで約1時間のドライブ。
たくさんのカーブや場所によっては狭い道もあるためご注意を!海外でのドライブや、英語でのやりとりが少し不安な方はたくさん。
そんな方のためにハレアカラーサンライズツアーがあるため、参加をお勧めします。

景色の美しさに涙する人も多くいるほどだ。
一生に一度は、壮大なスケールのハレアカラーへ行って、自然のパワー感じて見てはいかがでしょうか!

キーポイント!
ハレアカラーは国立公園となっているため、入園料$12-$45車の大きさによって値段が変わる。
また、特に太陽が出る前の山頂は真夏でもとても寒いのでダウンジャケットやブーツ、ブランケットを必ず持参するべし!

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

史上最年少!15歳でWCT入りを決めたキャロライン・マークス

BeachCulture 2019/11/16

世界の島々に劣らない日本の離島

BeachCulture 2019/11/14

STAB人気企画ミステリーボード舞台は日本

BeachCulture 2019/11/10

デーン・レイノルズ流!ボトムターンを改善してネクストレベル!

BeachCulture 2019/11/09

コロへ・アンディーノのサーフィンが上達する12ステップ!!

BeachCulture 2019/11/06

カリフォルニアの旅で出逢った素敵なコーヒーショップ

BeachCulture 2019/11/03

元世界チャンピオン、オッキーの現役時代

BeachCulture 2019/10/29

雪山でサーフィンしよう!

BeachCulture 2019/10/26

冬でもサーフィンをするべき4つの理由。

BeachCulture 2019/10/20

旅と写真とサーフィン、これだけで人生は素晴らしい。

BeachCulture 2019/10/17