Next Prev

水際で着たい、オーストラリア発 ファッションブランド

FASHION 2018/10/17

美しい海が広がり、世界中からサーファーが訪れる国、オーストラリア。ビーチカルチャーが根付く国だからこそ、水際で映えるファッションブランドも豊富。オーストラリアに訪れた際には、是非チェックしてほしい6つのファッションブランドを紹介。

Zulu & Zephyr

©Instagram
Zulu & Zephyr(ズールー アンド ゼファー)は、ナチュラルカラーがメインのアパレルブランド。大人だからこそ可愛く着こなせるデザインの水着たちに、ビーチに映える軽い肌触りのファッションアイテムが揃う。

©Instagram

©Instagram

SPELL

©Instagram
バイロンベイ発のSPELL(スペル)。既に日本でも、ビーチ好きからラブコールが止まないブランド。一枚でコーディネートが完成するワンピースや、水着の上から羽織ってもおしゃれなガウンなど、「水際で着たい!」と思うアイテムたちにうっとり。

©Instagram

With Jéan

©Instagram
ビーチで過ごすなら、デニムでのんびりと過ごしたい。そんなデニムラバーなあなたに紹介したいのは、With Jéan(ウィズ ジーン)。
「デニムとのワンツーコーデができるアイテムを作りたい」そんな想いからスタートしたWith Jéanは、乙女心くすぐられるフェミニンアイテムが揃う。一枚でも様になるワンピースも豊富にあるから、お気に入りを見つけてみて。

©Instagram

Sabo Skirt

©Instagram
ビーチに映える肌見せファッションなら、Sabo Skirt(サボ スカート)。友人同士であるThessy & Yiotaが始めたブランドは、セレブだけでなく、世界中のガールズたちからの人気を集めるブランド。
カジュアルからロマンティックまで、幅広いアイテムの中からあなたはどれを選ぶ?

©Instagram

REBEL & STONE

©Instagram
ナチュラルカラーとミニマムデザインが魅力のREBEL & STONE(レベル アンド ストーン)。リゾートライフスタイルを提案しているブランドだからこそ、大人リラックスを叶えたいあなたにはうってつけ。

©Instagram

Lack of color

©Instagram
日本でも人気を集めているlack of color(ラック オブ カラー)も、オーストラリア発のハットブランド。クラシカルなデザインが多いから、コーディネートが物足りない時の味付けとして、はたまたタイムレスな逸品として1つはゲットしたい。

©Instagram

オーストラリアに旅行に行くのなら、是非チェックしてほしい6つのブランドたち。
お気に入りを見つけて、ビーチファッションをもっと楽しんでみて。

Editor:Fumika Abe

ABEFUMIKA

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

中国で発生する潮津波でサーフコンテスト

BeachCulture 2019/12/10

使っていないボードで現金ゲット!?旅先にサーフボードは不要!?

BeachCulture 2019/12/07

美人プロロングボーダーJosie Prendergast

BeachCulture 2019/12/05

GREENROOM FESTIVAL’20 開催決定!!

BeachCulture 2019/12/03

サーフ界も新時代!Microsoft社提携テクノロジー

BeachCulture 2019/12/02

五十嵐カノア2020年目標は東京五輪で金!

BeachCulture 2019/11/29

Google Earthで未開のヴァージンウェイブを探す

BeachCulture 2019/11/23

テイラー・ノックスに学ぶ陸でカービング練習!

BeachCulture 2019/11/19

史上最年少!15歳でWCT入りを決めたキャロライン・マークス

BeachCulture 2019/11/16

世界の島々に劣らない日本の離島

BeachCulture 2019/11/14