Next Prev

一日中過ごしたい。海を感じるベッドルームの作り方

BeachCulture 2018/10/10

寝室は、眠るだけでなく、身体を休めたり、趣味の時間に没頭したり、まさに自分だけのサンクチュアリ。そんな寝室をビーチムード漂うインテリアに一変させたら、まるでリゾートでの休日を味わっているようにリラックスできるはず。

けれど、一体何から始めたらいいの? そんな悩めるあなたに、押さえておきたい4つのポイントをご紹介。

白×観葉植物


©Instagram
まずご紹介したいのは、「白×観葉植物」の合わせ技。
リネン類をホワイトで統一すれば、まるで海辺のビーチハウスにいるかのようなクリーンで爽やかな印象に。ベースを白にしておけば、ピローカバーやブランケットで差し色を加えてもごちゃごちゃにならないのが嬉しい。

©Instagram
スペースがあるのなら、こんなふうに大きめの観葉植物をおいてもOK。特にフェニックスは、南国ムードをあげるにはぴったりな植物。

©Instagram
こちらはプラスアルファのアイデア。観葉植物もジュートバスケットに入れれば、更にリラックスムードが高まった雰囲気に。

すのこベッドで自然のぬくもりを


©Instagram
すのこベッドなら、木のぬくもりを感じて居心地のいい雰囲気が漂う。すのこの上にマットレスをそのままおけば、ローベッドとして使えるので、視線が下になり、空間が広く見える利点も。

写真のように、かすれペンキのような風合いを出すと、よりビーチ度が高まるのでDIYしてみるのはいかが?

タッセルブランケットを投入


©Instagram
布団の上に、タッセル付きのブランケットを加えるだけで、異国情緒漂う部屋に早変わり。ブランケットとクッションの色合わせもお忘れなく!

“ウォールデコ”を駆使する


©Instagram
インテリアを完成させる上で、壁をデコレートするのも大切なポイント。
毛糸のタペストリーはグリーンとの相性も抜群で、ビーチインテリアを極めたいのならもってこいのアイテム。


©Instagram
飾る写真も、海を感じるものをきちんと選びたいもの。海辺を歩く女性や、ヤシの木、はたまた波乗りの写真? お気に入りを選んで飾ってみて。
写真のように、一枚の写真をフレームによって切り分けるのもおしゃれなアイデア。
上記の4つのポイントを押さえて、あなただけのサンクチュアリをクリエイトしてみて!

Editor:Fumika Abe

ABEFUMIKA

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

ヘルシーでおしゃれ。 クタ、スミニャックの厳選カフェ4選

BeachCulture 2018/11/18

沖縄でサーフィン。そのあとはカフェでのんびりはいかが?

BeachCulture 2018/11/11

ALOHAという言葉の美しさ

BeachCulture 2018/10/31

ハワイのローカルフレンズで立ち上げたブランド

FASHION 2018/10/30

本島で楽しめる、“沖縄ブルー”を堪能するビーチ3選

BeachCulture 2018/10/27