Next Prev

『The Thrill is back!』ハービー・フレッチャーとは

BeachCulture 2018/03/13

彼の長男でありエアーのパイオニアでもあるハードコアサーファーCHRISTIAN FLETCHER(クリスチャン・フレッチャー)と、ビッグウェイブアワード、ビラボンXXLの受賞者でもあるNathan Fletcher (ネイサン・フレッチャー)の実父。

横ノリカルチャーの中心人物であり、トラクションパッド「アストロデッキ」の創設者でもあるHERBIE FLETCHER(ハービー・フレッチャー)。
そんな彼の父もまた、マカハの初代ビッグウエイブチャンピオンであるウォルター・ホフマンという、サーフィン家系。
伝説のノーズライドマスターとしても有名だ。

1948年(昭和23年)に生まれ。
ハービー・フレッチャーは1956年、当時9歳のときにサーフィングを始めた。
カリフォルニアの代表的サーフポイント「ハンティントンビーチ」でサーフィンを練習していた、当時16歳のハービーはサーフフィルムを製作の助手して貯めたお金で、
ハワイに飛び、17歳でハワイのパイプラインにチャージしたという。
当時、重量およそ16kgにも及ぶロングボードと、その若さでパイプラインにチャージした若者は数えるくらいだっただろう。

彼の名台詞、『The Thrill is back!』はあまりにも有名な名言。
今となっては一般的になった、ショートボードだが、当時ロングボードからショートボードへの転換期に、ロングボードから始まったこのカルチャーだが、
多くのプロサーファー達がロングからショートへ移行していく様を見て、ショックを受けた彼が放った言葉が『The Thrill is back!』だった。
彼がこの言葉に込めた想いは、「ロングで恐ろしい波を滑った方がスリルがある」と訴えたかったのだ。

サーフ史に語り継がれる彼のサーフィンライフは今もなお、薄れることなく世界中のサーファー達の憧れなのだ。

画像出典元

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

あまり知られていないサーファー保険とは?

BeachCulture 2019/07/21

ケラマブルーを堪能! 座間味島への行き方、アクセス方法は?

BeachCulture 2019/07/19

都会で海を感じられるOCEAN PEOPLES’19が終焉!

BeachCulture 2019/07/16

OCEAN PEOPLES19本日開催!

BeachCulture 2019/07/13

頭皮が日焼けしてしまったら? 正しいアフターケアでトラブル回避

BEAUTY 2019/07/08

約10キロ相当の距離をサーフィン!?

BeachCulture 2019/07/06

カリフォルニア出身美女サーファー

BeachCulture 2019/07/04

ジョンジョンに学ぶ驚愕「ドルフィンスルー」

BeachCulture 2019/07/01

年中オンシーズンの美しき島スリランカ

BeachCulture 2019/06/30