Next Prev

サーフカルチャー・ボードシェイプなど、原点回帰なフェスがハレイワで開催された

BeachCulture 2018/01/05

VANSが自社でスポンサーしている、ジョエル・チューダーと共に2010年よりスタートさせた「ダクトテープインビテーショナル」。
ダクトテープインビテーショナルは、古き良きトラディッショナルなログイベントへの原点回帰を目的とした招待制イベント。

ジョエルといえば、14歳にしてプロサーファーとなり、ロングボードの2×ワールドチャンピオンであり、スタイリッシュなスタイルでロングボード人気に火をつけたサーフィン界のカリスマ。
柔術では黒帯を取得し世界大会チャンピオンにもなっている。まさにスタイルマスターとは彼のことだ。

同イベントのスピンオフとして、2017年には「ダクトテープフェスティバル」がカナダでスタート。
そして第二弾として、トリプルクラウンの期間中にオアフ島ノースショアのハレイワでも同フェスティバルが開催された。
ダクトテープフェスティバルとは、招待された4名のトップサーファーがそれぞれ2本のサーフボードをハンドシェイプする。
バンズのチームライダーやローカルサーファーなどがそのボードでテストライドを楽しむ。
今回、選出されたサーファーは、デーン・レイノルズ、ネイザン・フレッチャー、アレックス・ノスト、ウェイド・グッドオールの4名がサーフボードシェイプを担当。
イベント終了後は、そのサーフボードをイベント会場エリアのコミュニティに寄贈され、誰でもテストライドを試すことができる。
残念ながら、カリフォルニアの山火事の影響でデーンの参加は見送られてしまいましたが、後日シェイプしたボードはオアフ島ノースショアに送られたそうだ。

そんな、「ダクトテープフェスティバル」のダイジェスト映像がドロップされたのでお届けさせていただきます。

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

BeachCulture 2018/05/27

GREENROOM FESTIVAL’18 DAY 1来場者スナップ編

MUSIC & ART 2018/05/27