Next Prev

オーガニックカルチャーを、辿る

BeachCulture 2017/10/15

近年は、環境や、健康に良いとされるオーガニックの食や、コスメ、洗剤などの生活消耗品などまでもオーガニック志向へと変化しており、初めはセレブなどの間で 火がつき、インスタグラムなど現代の情報発信コンテンツとして、欠かせないSNSを中心に拡散が始まり、その後急速に世界中に広まっていった。

非オーガニックの食品や、商品に比べ、倍近い値段になるが、未だにそのマーケットは拡大していっている。

カリフォルニアでは1960年代ヒッピーの思想を受け継ぎ、化学肥料や化学農薬を使わずに農産物をつくるオーガニック農法がひろまっていました。
1990年代、世界中で環境問題がとりだたされると、環境に負担のない「オーガニック」が人気になっていった。
カリフォルニアには多くのセレブリティや影響力を持った人達が集まっており、こうした背景を見ると、カリフォルニアからオーガニックブームは始まったといってもいいと言える。

今日は、カリフォルニアで古くから根付く、オーガニックフードの老舗を紹介。
カリフォルニアの地元産の有機栽培食材を使用した料理を提供する、有名な「シェ パニース」は、1971年創業。
2000年代に入り、オーガニックへの関心や、認知が少しづつ広まりだし、世界的に認められるようになった。

シェ・パニース(Chez Panisse)


画像出典元

オーナーのアリス・ウォーターズ(Alice Waters)氏が、地元産のオーガニックで旬な食材を厳選し、食材の持つ美味しさを生かしたシンプルで伝統的な調理を楽しめる。
その日の食材の仕入れ状況によってメニューが決まるという拘り。

In this photo taken Thursday, June 20, 2013 Alice Waters poses outside the new front entrance to Chez Panisse restaurant in Berkeley, Calif. After a fire in March shut the doors to the famous gourmet restaurant, the eatery is preparing to reopen on Monday, June 24. (AP Photo/Eric Risberg)

画像出典元

お店はサンフランシスコから約30分ほど離れたバークレーにあり、40年の歴史を感じるお屋敷のようなとても雰囲気のある店構えだ。2003年には、世界のTOPレストラン13位に位置した実績もある。

40年以上経った今でもこのエリア1予約が取りづらいお店であることは間違いない。

http://www.chezpanisse.com/

Restaurant Hours
Monday through Saturday | Dinner only
First seating begins 5:30 pm
Second seating begins 8:00 pm
Closed Sundays

Café Hours
Monday through Thursday
Lunch: 11:30 am – 2:45 pm
Dinner: 5:00 – 10:30 pm
Friday and Saturday
Lunch: 11:30 am – 3:00 pm
Dinner: 5:00 – 11:00 pm
Closed Sundays

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

マシーンウェイブ「Kirra Beach」

BeachCulture 2018/02/22

OCEAN PEOPLES’18開催決定!

MUSIC & ART 2018/02/20

岬の先端から600mブレイクする秘境ポイント

BeachCulture 2018/02/17

海に魅せられた写真家達 vol.2

MUSIC & ART 2018/02/07

ロングビーチの伝説のバンドが初の単独来日公演が決定!!

MUSIC & ART 2018/02/02