Next Prev

最先端のサードウェーブコーヒーTOP3がロサンゼルスに集結

BeachCulture 2017/06/17

ビーチカルチャーの発信地とも言える場所であり、観光地としても人気が高いカリフォルニア州ロサンゼルス。

コーヒーの本場とも言われるアメリカでは、サードウェーブコーヒーがトレンドの最先端。

そんなサードウェーブコーヒーの中でも3大コーヒーと言われているショップが、LAに集結しているのはご存知でしょうか?

そんな3大コーヒーショップを紹介。

・Intelligentisia coffee(インテリジェンティシア コーヒー)

アボットキニー通りに位置する、日本未上陸のインテリジェンティシア。

目立った看板は無いものの、いつも人が並んでいるのが特徴だ。

まずインテリジェンティシアの特徴は、世界中から集めた最高級のコーヒー豆を使い、訓練を受けたバリスタが注文を受けてから1杯1杯丁寧に淹れるという点。

@intellivenice

使う豆を季節ごと変え、最も良い状態のコーヒー豆を使う「In Season Program」という方式を採用しているそうだ。まさに職人が淹れるコーヒー。

コーヒーだけでなく、この抹茶のクロワッサンも絶品なのでコーヒーと一緒に試して欲しい。

出典:@intelligentsiacoffee

正直、早く日本に上陸して欲しいコーヒーショップNO.1とも言えるであろう。

・Bule bottle coffee(ブルーボトルコーヒー)

日本にも近年上陸し、おなじみのブルーボトル。

アボッットキニーブルーバードという、ベニスビーチから徒歩圏内にある通りにある。この通りは人気のアパレル店や雑貨、レストランが集結している。

@lfstores 

お店は1つ1つは小さいが、とても個性的でおしゃれなお店が立ち並び、最先端を行くファッショニスタたちも訪れる通りだ。

出典:@bluebottlela

苦味が少なく飲みやすいので、コーヒー初心者の方にもオススメしたい。

・Stumptown coffee roasters(ストンプタウン コーヒー ロースタリーズ)

出典:@stumptowncoffee

サードウェーブブームの火付け役のポーランド発のストンプタウン。

サードウェーブコーヒーはコーヒー作りの全てのプロセスにおいて丁寧に管理され作られたもの。「コーヒー生産者とコーヒーを楽しんでくれる人との関係性に私たちの価値がある。」という信念のもと生まれたコーヒーである。

暑い夏にはありがたいCold Brewは一度試す価値あり。

日本では唯一の正規取扱店である「PADDERS COFFEE(パドラーズ コーヒー)」が東京・渋谷にあるので、気になる方はぜひ足を運んでみて欲しい。

今、世界的にも注目を集めているサードウェーブ系コーヒー。

日本未上陸のコーヒーショップはもちろんのこと、本場のコーヒーを旅の休憩にぜひ味わってみては⁇

 

太田 早紀 SAKI OTA

Tahitian Dance Instructor/Web Magazine Curator
https://www.instagram.com/sakiota216/

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

多方面に才能を魅せるAlex Knostと、ACNE STUDIOSの新ラインがコラボレーション

BeachCulture 2017/09/20

今まで見た事ない新しい裏ハワイの旅をご案内。

BeachCulture 2017/09/10

サーフポイントガイド〜カリフォルニア編〜

BeachCulture 2017/09/06

伝説のミュージシャン《イズラエル・カマカヴィヴォオレ》

MUSIC & ART 2017/08/30