Next Prev

タイタニック号の最後をこの目で見よう

BeachCulture 2017/06/12

当時最大の客船であったタイタニック号は、1912414日の夜から15日の朝にかけて、イギリスサウサンプトンからアメリカ合衆国ニューヨーク行きの処女航海中の4日目に氷山に衝突し、2,224人を乗せ北大西洋で沈没した。

未だに海底に眠るタイタニック号も、バクテリアによって少しずつ侵食が進み、船体を海底で維持できるのもあと20年近くと専門家はいう。

そんなタイタニック号を一度この目で見て見たい!というあなたに朗報です。

海底にタイタニック号を探索しに行く、ツアーが来年の五月からスタートすることがわかった。

ツアー企画は、ロンドンのBlue Marble Private社。http://www.bluemarbleprivate.com/

8日間の日程の中で、潜水艇に乗って、海底に沈んだタイタニック号を見学するというもの。

船内にまで入ることはできないようだが、航行中は赤外線のセンサーを使い船内の様子を確認することができる。

すでに20185月から先1年間は予約がすでに埋まっている。

しかし驚きなのは、ツアー料金だ、、なんと宿泊費や食事代を全て含んで105,000ドル(約1,160万)。

高額ツアーだが、その価値はあるのかもしれない。

100年以上海底に沈み続けている、豪華客船。この船で様々なドラマや事件があったに違いない。

映画「タイタニック」でこの客船のことを知った人がほとんどだろう。

歴史的に文化遺産といっても過言ではない、豪華客船を間近で感じれるチャンスであることには違いない。

GREENROOM BEACH CULTURE GUIDE

世界中には多くのビーチカルチャー・サーフカルチャーが根付く国・町・場所が無数に存在する。
そんな素晴らしい景色や環境、文化を一人でも多くの人に共感してもらい、そして旅してほしい。

http://greenroom.jp/

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止ついて

BeachCulture 2020/08/01

第2弾ART AREA出展アーティスト発表

MUSIC & ART 2020/07/27