Next Prev

オーストラリアのサーフポイントTOP3

未分類 2017/06/04

オーストラリアは、年間を通しても非常に暖かい気候でとても過ごし易いのと、治安がとてもいいことが特徴です。日本からは直行便で約8時間程度で到着するオーストラリア。

暖かい気候に恵まれている一方で、オゾン層が破壊されており、紫外線は非常に強く日焼けには要注意が必要です。

 

オーストラリアはサーフィンが国技と言っても良いほど、国民にとってメジャースポーツ。オーストラリア出身のプロサーファーで代表的なのは、「ミック・ファニング」「ジョエル・パーキンソン」「ジュリアン・ウィルソン」など、全員世界で活躍するワールドツアーのトップサーファー。

広大な大地で、多くのサーフポイントも点在しています。

 

そんなオーストラリアのベスト3サーフポイントをご紹介!!

 

3【ヌーサ】

ロングボーダーがおおいですが、ジュリアン・ウィルソンのホームポイントでもあり、メローな波で最高なロケーションなのが特徴。
サンドとリーフが混ざっており、ロングからショートまで楽しめるポイント。

2【バイロンベイ】

基本的にはライトの波ですが、たまにレフトも来るためレギュラー・グーフィーどちらも楽しめる。ロングライド可能なサンドブレイク。

1【スナッパー】

スナッパーはWCTの開催ポイント。世界トップクラスの大会が開かれるだけあって波の質は世界トップクラス。ビーチブレイクで数百メーターのロングライドが可能です。

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

新版:社員をサーフィンに行かせよう

BeachCulture 2019/04/15

「好きなものを作品にする」こどもの心で今を切り取るアーティストNathan Mckee

MUSIC & ART 2019/04/13

Local Green Festival’19 第1弾アーティスト発表!

BeachCulture 2019/04/10

この夏は、ZARA HOMEのアイテムでビーチに駆け出そう!

FASHION 2019/04/09

サーフボードの劣化を防ぐケア・保管方法

BeachCulture 2019/04/08

飛行機でサーフボードは運べる? 気になるあれこれを解説

BeachCulture 2019/04/02

日本から約4時間半!太平洋に浮かぶ島「パラオ」

BeachCulture 2019/03/31

GREENROOM FESTIVAL’19 第1弾 ART 発表!!

BeachCulture 2019/03/29

海や街でもこれからのシーズンのマストアイテム RAEN サングラス

FASHION 2019/03/27