Next Prev

ビーチカルチャーの中で育ったアーティスト

BeachCulture 2017/05/01

父親・叔父がプロサーファーだったこともあり、幼い頃から毎日海で生活していたという。伝説のビッグウェイブイベント「エディ」の招待選手リアム・マクナマラの息子として知られる、「ランドン・マクナマラ」
ビーチカルチャーのど真ん中で育ってきたランドン・マクナマラはサーフィンはもちろん、音楽、モデル、など多方面に才能を開花。

デビューアルバム「A Dollar Short & A Minute Late」は、ビルボードのレゲエ・アルバムチャートで4位になる。

彼のようにライフスタイルの中心が海にあり、フリーサーファー・プロサーファーでありながら音楽活動をしているアーティストは少なくない。ジャック・ジョンソンや、ドノヴァン・フランケンレイター、マクア・ロスマンなどもそうである。

幼い頃から近所に住む、「ジャック・ジョンソン」には、多くのことを学んだという。彼がサーフ・ビーチミュージックを世に広め、このライフスタイルを確立させたといっても過言ではないだろう。

「海で生活しサーフィンをしながら、音楽活動でも成功する。」ライフスタイルを両立させているジャック・ジョンソンは、ランドン・マクナマラにとって憧れの存在だった。

心地よいメロディと、ランドン・マクナマラの耳に残るセクシーな歌声に癒されること間違いない。

https://landon-mcnamara.com/

https://www.facebook.com/landonmcnamaraofficial「画像出典」

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

危険すぎる!世界のビッグウェーブ!!

BeachCulture 2020/02/24

五十嵐カノアがハワイ州観光局親善大使に就任!!

BeachCulture 2020/02/22

困難乗り越えたオーストラリアの国民的 サーフスター『ミック・ファニング』がプ ロポーズ!!

BeachCulture 2020/02/19

世界一長い波に乗りたい

BeachCulture 2020/02/14

GREENROOM FESTIVAL’20 第2弾出演アーティスト発表!

BeachCulture 2020/02/14

海の見える京都

BeachCulture 2020/02/09

ジョンジョン契約解消!予想外な展開に!?

BeachCulture 2020/02/06

車で行ける、沖縄の美しき離島「瀬底島」のカフェ特集

BeachCulture 2020/02/02

真冬で一番アツい 『Snow Light Festivalʼ20』開催迫る!

BeachCulture 2020/01/29

冬のサーフィンで身体を動かす方法!

BeachCulture 2020/01/26