Next Prev

ビーチカルチャーの中で育ったアーティスト

BeachCulture 2017/05/01

父親・叔父がプロサーファーだったこともあり、幼い頃から毎日海で生活していたという。伝説のビッグウェイブイベント「エディ」の招待選手リアム・マクナマラの息子として知られる、「ランドン・マクナマラ」
ビーチカルチャーのど真ん中で育ってきたランドン・マクナマラはサーフィンはもちろん、音楽、モデル、など多方面に才能を開花。

デビューアルバム「A Dollar Short & A Minute Late」は、ビルボードのレゲエ・アルバムチャートで4位になる。

彼のようにライフスタイルの中心が海にあり、フリーサーファー・プロサーファーでありながら音楽活動をしているアーティストは少なくない。ジャック・ジョンソンや、ドノヴァン・フランケンレイター、マクア・ロスマンなどもそうである。

幼い頃から近所に住む、「ジャック・ジョンソン」には、多くのことを学んだという。彼がサーフ・ビーチミュージックを世に広め、このライフスタイルを確立させたといっても過言ではないだろう。

「海で生活しサーフィンをしながら、音楽活動でも成功する。」ライフスタイルを両立させているジャック・ジョンソンは、ランドン・マクナマラにとって憧れの存在だった。

心地よいメロディと、ランドン・マクナマラの耳に残るセクシーな歌声に癒されること間違いない。

https://landon-mcnamara.com/

https://www.facebook.com/landonmcnamaraofficial「画像出典」

BEACH CULTURE GUIDE 編集部

GREENROOM co. が送る、ビーチにまつわる旅・音楽・アート・ファッション情報を配信するウェブマガジン

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

新版:社員をサーフィンに行かせよう

BeachCulture 2019/04/15

「好きなものを作品にする」こどもの心で今を切り取るアーティストNathan Mckee

MUSIC & ART 2019/04/13

Local Green Festival’19 第1弾アーティスト発表!

BeachCulture 2019/04/10

この夏は、ZARA HOMEのアイテムでビーチに駆け出そう!

FASHION 2019/04/09

サーフボードの劣化を防ぐケア・保管方法

BeachCulture 2019/04/08

飛行機でサーフボードは運べる? 気になるあれこれを解説

BeachCulture 2019/04/02

日本から約4時間半!太平洋に浮かぶ島「パラオ」

BeachCulture 2019/03/31

GREENROOM FESTIVAL’19 第1弾 ART 発表!!

BeachCulture 2019/03/29

海や街でもこれからのシーズンのマストアイテム RAEN サングラス

FASHION 2019/03/27