Next Prev

今年は1日目?2日目?それとも両日?

BeachCulture 2017/04/06

毎年開催されている、サーフカルチャー、ビーチカルチャーをルーツに持つ、 ミュージックとアートのカルチャーフェスティバル。

GREENROOM FESTIVAL’17

あなたは1day派?それとも両日派?
未だ迷っているあなたのために「BEACH CULTURE GUIDE」が選ぶ日別の一押しアーティストを紹介!!

 

 

・5月20日(土)一押しアーティスト

【Michael Franti & Spearhead】
マイケル・フランティは音楽業界において先駆的な力として認められるミュージシャン、映像作家であり人道主義者である。彼は長年に渡り、そのグローバルに意識した歌詞、パワフルなパフォーマンス、ダイナミックなライブ・ショーで叙情的行動主義の最前線に立ち、自らの音楽を変革のためのポジティブな力として使ってきた。

そんな彼だがGREENROOM FESTIVAL’17開催前の、18日、19日で一足先にオーセンティックで高揚感のある音楽を体感できるMichael Franti & Spearhead単独公演が決定している。

《Michael Franti & Spearhead単独公演》
2017年5月18日(木) 大阪梅田シャングリラ
2017年5月19日(金) Shibuya duo MUSIC EXCHANGE

 

 

 

【Suchmos】


説明不要!いま日本でカリスマ性・スキル・人気、共に最前線のバンドといっても過言ではないだろう。
2013年1月結成。ACID JAZZ&HIP HOPなどブラックミュージックにインスパイアされたSuchmos。メンバー全員神奈川県育ち。Vo.YONCE.は湘南・茅ヶ崎生まれ、レペゼン茅ヶ崎。

FUJI ROCK FESTIVAL ’14「ROOKIE A GO-GO」2日目のトリを務め注目を集める。2016年FUJI ROCK FESTIVAL ’16にカムバック!
ロック、ソウル、ジャズ、ヒップホップからの影響をバンドに落としこみ、クールでモダンな高い演奏技術で支持を集め、2015年04月「ESSENCE」でデビュー。2015年07月には1st Full Album「THE BAY」、2016年1月には「LOVE&VICE」をリリースし、現在ロングヒットを記録中。そして、2016年7月、待望の3rdE.P.「MINT CONDITION」をリリースし、2017年1月に1年半年振りの2nd Full Album「THE KIDS」をリリースする。

2015年注目新人としてApple Music年間BEST ARTISTにも選ばれ、初の全国ツアーチケットも即日完売。今最もチケットが入手出来ないバンドに。

 

 

 

【The BONEZ】

The Bonezの出演発表には驚いた人も多いだろう。
RIZE の JESSE を中心に、Pay money To my PainのT$UYO$H、ZAX、そしてNAKAと共に結成。

国内外の大型フェスに多数出演し圧倒的なライブ力を披露。詩的でメロディアスな楽曲が評判を呼び、2015 年NISSAN X-TRAIL CMソング、クリエイター木梨憲武氏の番組「Inspiration Only」、海外ドラマ「ラッシュアワー」のテーマソングに起用された。昨年ニューアルバム「To a person that may save someone」をリリースし、全国ツアーを敢行。ライブの模様を収めたLIVE DVDはオリコン初登場4位を記録。多様な音楽性を飲み込んだサウンドはワン・アンド・オンリー。2月からは14カ所に渡る全国ツアーがスタート、現在もっとも注目を集めている話題のバンドだ。

 

 

 

5月21日(日)一押しアーティスト

【Jake Bugg】

イギリス出身現在23歳のシンガーソングライター。
2012年、自身の名を冠したデビュー・アルバムが全英チャート1位を獲得(当時彼は18歳で、英国男性ソロ・アーティストとしては最年少の快挙)
ダブル・プラチナの売り上げを達成。マリブでリック・ルービンと次作の制作に着手。前作から約12ヶ月後の2013年、より豊かな質感を備えた『シャングリ・ラ(Shangri La)』をリリース。同アルバムは全英トップ5にランクイン。
昨年のフジロックフェスティバル ’16に出演を果たし、BMW「MINI Crossover」の新作「カントリーマン」のCMにジェイク・バグの「ライトニング・ボルト」が起用された。

 

 

 

【Izzy Bizu】

UK/ロンドン出身。
2016年9月にデビュー・アルバム『ア・モーメント・オブ・マッドネス』をリリースし、日本でiTunes R&B/ソウル・チャートで2位を記録、またリード・シングル「ホワイト・タイガー」が2016年9月度のパワープレイを全国のラジオ/CS音楽チャンネル合計34局で獲得するなど、人気急上昇中。2017年1月には初来日ツアーも敢行し、東京、大阪で満員の観客を魅了した。

 

 

 

【Def Tech】

GREENROOM FESTIVALの顔となりつつあるDef Techが今年も出演!

ハワイ出身のShen、東京出身のMicroによるユニット。”My Way”を含むファーストアルバム『Def Tech』は2005年に発売し250万枚超のセールス。インディーズのセールス記録を塗り替えた。以後、自由な音楽活動を続け『Catch The Wave』など8枚のオリジナルアルバムを発表。ハワイのミュージシャンを大胆に起用したアルバム『Howzit!?』を2015年に、2016年『Eight』発表。多彩なコンサート活動と変化をいとわない作品リリースで、幅広い年齢層に根強いファンを持つ。2017年も新作発表へ向け制作中。4月からフェス参加やコンサートを開始予定。

GREENROOM FESTIVAL’17
場所:横浜・赤レンガ地区野外特設会場
日時:2017年5月20日(土)、21日(日)

GREENROOM BEACH CULTURE GUIDE

世界中には多くのビーチカルチャー・サーフカルチャーが根付く国・町・場所が無数に存在する。
そんな素晴らしい景色や環境、文化を一人でも多くの人に共感してもらい、そして旅してほしい。

http://greenroom.jp/

< Prev Entry Next Entry >

Recomend

スタイルマスターであるテイラー・ノックスとは

BeachCulture 2017/11/20

ノースショアにある隠れたサーフミュージアム

BeachCulture 2017/11/13

宝と出逢う、SURF SWAP MEET

BeachCulture 2017/11/09

アートを前面に出した、サーフムービー

MUSIC & ART 2017/11/06